車のエアクリーナーはむき出しタイプが超危険な理由

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

 

車のエアクリーナーには競技用として販売しているものがあります。

しかも、競技用は「むき出しエアクリーナー」とも呼ばれていて
エンジンルーム内でカバーで覆われずフィルターが直接
見えた状態で取り付けられている製品があります。

 

こうした、むき出しエアクリーナーは
一般的には「キノコ型」とも呼ばれています。

むき出しエアクリーナー反対派の人からは
「毒キノコ」とも言われています。

 

僕が車のチューニングをしていたころは
むき出しエアクリーナーも装着していたころがありました。

走行時に「シュー」という吸気音が何とも言えませんでしたね。

 

ただし、ノーマル状態で
むき出しエアクリーナーを装着していたわけではありません。

 

ノーマル車にはむき出しタイプのエアクリーナーは不要?!

  • スポーツマフラー
  • ブーストアップ&ブースト計
  • ブローオフバルブ
  • 燃調コントローラー
  • むき出しエアクリーナー

以上の製品を取り付けていました。

 

僕の考え方では、むき出しエアクリーナーは
最後の味付け程度のものと思っています。

なので、ノーマル車ならエアクリーナーは競技用に交換しなくてもOK。

 

なぜなら、純正エアクリーナーでも十分吸気量が高いので
むき出しエアクリーナーを交換するほどではないからです。

 

 

たしかに、吸気サウンドの「シュー」という音が
心地よさを感じますし「チューニングカーに乗っている」という
そういう爽快感も味あわせてくれます。

 

しかし、むき出しエアクリーナーは
それだけを付けた場合はエンジンルーム内の熱気を吸い込みます。

 

 

 

 

その結果、パワーダウンを起こしてしまい
低速トルクが低下してしまうのです。

場合によっては、エンジンに負担をかけてしまい
故障の原因につながる可能性も否定できません。

 

なので、マフラー交換をして燃調コントローラーを取り付けたうえで
エアクリーナーを始めて交換するという順番にしたほうが
まだ、良いようにも感じてなりません。

さらに、むき出しエアクリーナーの周辺は
エンジンルーム内の熱気を吸い込まないようにする工夫も必要です。

 

ただ、僕の経験上の話ですがノーマル状態でなら
どう考えてもキノコ型エアクリーナーに
交換はしなくても良いというのが結論です。

 

エアクリーナーを交換したいなら純正交換タイプがマシ!?

 

エアクリーナーを、どうしても交換がしたいというなら
純正交換タイプが良いといえます。

僕は純正が一番だとか安心だとかは考えていません。

 

ですが、大したチューニングをしていないのに
むき出しエアクリーナーを取り付けるのは
車を壊すだけだと考えているだけなのです。

つまり、むき出しエアクリーナーに交換する場合は
ある程度チューニングをしていたほうが良いというだけの話です。

 

さらに、性能を上げるために取り付けた
むき出しエアクリーナーのせいで性能が低下する場合もあります。

それだったら、純正交換タイプのほうが
かなりマシではないかと考えているわけです。

 

 

なぜなら、純正交換タイプはエンジンルーム内の
熱気を吸い込みにくいし吸気量も純正に近いからです。

なので、普通に交換ができる純正交換タイプにしたほうが
余計な出費を出さなくて済みます。

 

つまり、車のエアクリーナーはむき出しタイプが超危険な理由は
粒子などを吸い込みエンジン内部に送り込む可能性があり
シリンダー内を傷つけ車を壊す危険があるということです。

しかも、エンジンルーム内の熱気を吸い込む可能性もあり
パワーダウンの原因につながる可能性も否定できません。

 

なので、むき出しエアクリーナーに交換というのは
吸気系に負担をかけていると思われるチューンをしたときのみに行うのがベストです。

 

競技用エアクリ交換程度でECUに手を入れるのはやめろ!

 

何かの雑誌で見ましたが・・・

「エアクリ交換+ECUチューンは効果あり」

と書かれていたのを覚えています。

 

これを信じて実際に行うとお金の無駄になります。

なぜなら、エアクリーナー交換程度でECUを書き換えても
あまり効果を感じませんしこの先マフラー交換をしても
またECUを書き換えるなんてことになるからです。

 

ちなみに、ECUとはCPUとも呼ばれ
車全体の管理をしている部品です。

また、競技用エアクリーナーに交換した程度で
ECUに手を入れるというのはお金の無駄です。

 

たしかに、エアクリーナー交換程度でCPUチューンをすると
人によっては体感できるかもしれません。

しかし、それはエアクリーナー交換したときの
ベストなセッティングだという事です。

 

 

つまり、そのあとにマフラーやエキゾーストマニホールドなど
色々とエンジンい手を入れえると、せっかく合わせたCPUのセッティングが
また変わってしまうのです。

さらに、ECUチューンをしてベストなセッティングをすることになるので
結局は、二度手間だしお金の無駄という事になります。

 

ショップによりますが1回のセッティングで
約15万円の費用が発生します。

だからこそ、ECUに手を入れるタイミングというのは
あなたが「ここまでにしょう」というチューニングがベストなタイミングといえます。

 

 

しかし、エアクリーナー交換で「ここまでにしよう」というなら
他は何も手を入れる必要がありません。

最近は、安い値段で「サブコン」が販売されているので
そちらを購入するほうがマシですね。

 

サブコンとは、車の一つの機能だけに
誤情報を与え性能を上げることを狙った部品を言います。

つまり、エアクリーナー交換程度なら
ECUに手を入れる必要がないという事です。

 

さらに、車のエアクリーナーを交換したことで
なにも変化がないのかといえば全くそんなことはありません。

エアクリーナーを交換した後に起こる変化は
こちらで実体験をもとに紹介しているのでご確認ください。

↓↓       ↓↓

車のエアクリーナー交換に対する燃費の関連性とは?

 

車の買取を考えているなら一括査定サイトよりも
特定の買取店を選んだほうが良いでしょう。

 

・電話が大量にかかってくる

・個人情報が何故か漏れる

・昼も夜も関係なく電話がかかってくる

・面倒

 

一括買取査定サイトを利用するのは
以上のようなデメリットがあります。

 

しかし、査定も電話も1回だけで5000社もの買取店から入札され
高値で買い取られるならありがたいと思いませんか?

 

詳しくは、以下のボタンをクリックしてください。