安い中古車は壊れやすいと言うのは実はウソ!?【安い理由の裏側】

 

あなたは、安い車というのは壊れやすいと思い込んでいませんか?

確かに、激安車の約80%は粗悪な車が多いのは事実ですし
その激安車の80%のうちの数%は水没車か車内自殺をした車かもしれません。

 

それでも、わずか1万円ポッキリの車でも
2年は乗り続けられる車も実際にあります。

今回は、激安車を長く乗り続けられるための購入ポイントと
どうして安いのかと言う理由などを紹介していきます。

 

激安車を買っても文句は言えない!安い理由の裏側

 

もちろんご存知と思いますが安い車には
何かしらの理由が存在しています。

筆者が過去に購入したS64年式トゥデイ・1万円ポッキリも
帰宅途中からオーバーヒート気味で京都から30kmもある自宅まで
適度に休憩をしながら乗って帰ったことがあります。

 

さらに、走行中にブレーキパッドも冗談ではなく本気で取れてしまい
ブレーキがいきなり効かない状態になり恐怖を感じたこともありました。

本当に安い車と言うのは安易に「安いから」と言う考えで飛びつくと
本当に、えらい目にあいますし帰宅中に事故を起こすなんてこともあり得るでしょう。

 

GOOネットやカーセンサーで掲載されているから安心

 

もし、そのように考えているのであれば
それは大きな勘違いです。

なぜなら、GOOネットやカーセンサーで掲載されていても
激安の車には何らかの理由がある可能性は非常に高いからです。

 

例えば、A店で70万円ポッキリのアクセラがあり
B店では60万円で同型・同年式で販売されていたらどちらを買うでしょうか?

年式と走行距離は同じと言う条件なら
もちろん、多くの人は何の疑いもなくB店の10万安い車のほうを選ぶでしょう。

 

しかし、B店の車は買ってすぐに調子が悪くなったり
ドアがに不都合が生じる可能性もあるのです。

年式が古い車であっても基本は同じで
車の状態や修復歴なども確認したほうが良いですね。

 

 

まず、激安な車を買う場合のポイントは以下の通りです。

 

納車前に整備はしてもらえるのか?

 

どんなに安い車でも納車前に、しっかりと点検や整備をしてもらえるのかや
エアコンやエンジンオイルなどちゃんと交換してもらえるのかなど確認は必要です。

ただ、買う前に一番見てほしいのはエンジンルームの汚れ具合です。

 

エンジンをかけさせて偉そうにエンジン音を聞けば分かるよとか
そのようにアドバイスする人はいますが実際にそういうのは無理です。

理由は、エンジンの音を聞き分けるなんてことは
経験豊富なメカニックじゃないと不良のあるエンジン音を聞いたことないなら
聞き分けるなんて普通ではできないからです。

 

確かにエンジンから「カラカラ」とか「シャリシャリ」など
金属が当たっていたり擦れているような音は慣れていれば分かるかもしれません。

しかし、普通の良好なエンジン音を聞いたことがない人なら
どういう音が正常なのかなんてわかるとは思えません。

 

なので、エンジンの状態を簡単に知るには
エンジンルームの汚れ具合をチェックするほうが良いのです。

 

 

また、エンジンルームの汚れ具合は
どんな人が見ても同じような意見が出るはずです。

たとえば、エンジンルームのエンジンがとても期待無い状態なら
それは整備すらしたことがない車両なのは間違いないでしょう。

 

もし、そういう車を買って乗るようなことがあれば
エンジン不調に陥る可能性は非常に高いといえます

なので、エンジン自体がとても汚いという場合は
何も整備すらされたことがないと思って良いでしょう。

 

しかし、エンジンオイルのゲージ部分が綺麗なら
エンジンオイルは適度に交換されている可能性もあるでしょう。

 

保証はついているのか?

筆者は10台以上の激安車に乗り継いできましたが
経験的に言えば20万円以下の車で保障のあった車両は1台もありませんでした。

中古車販売店のやり方にもよりますが
激安な車に保証を付けるほど優しい店はほとんどないと思って良いでしょう。

 

良心的な店なら、この先も車のメンテをしてもらっても良いかもしれません。

基本的に、安い車ほど故障のリスクは大きくなりますし
劣化した部品の交換なども、買ったその日からあるかもしれません。

 

最低でも1年保証は付けてもらいたいところですが
激安な車は「早く売りたい」という店側の思いもあるかもしれないので
20万円以下の車なら保証を付けてもらうのは諦めるほかないでしょう。

理由は、いろいろと覚悟をしたうえで激安車を選んでいるはずなので
自分で修理するという自信がない人は、一線を越えた激安車は買わないほうが無難ですね。

 

まとめ

 

20万円以下の中古車を買う場合は
それなりの覚悟が必要となります。

普通の状態ではない車を買うのですから
文句は絶対に言えませんよね。

 

ただ、当たりの激安車を見極めるには
以前の人がどのように使っていたのか分かる資料があれば
それをチェックしたほうが良いでしょう。

もし無いのであれば、エンジンルームの汚れ具合をチェックするしかありません。

 

筆者の経験で恐縮ですがエンジンルームが綺麗な激安車で
ハズレを引いたことは今までにありません。

中古車を買う場合は値段が安くても高くても
まず最初に見るべきポイントがあります。

 

そのポイントは具体的に
以下のページで紹介しているので読んでみてくださいね。

↓↓      ↓↓

中古車どこで買う?失敗しない販売店選びのコツ

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ