洗車で悩む黒い樹脂パーツの汚れをキレイにする方法

 

車には樹脂パーツが外装にも使われていて
時間の経過とともに黒い樹脂製パーツも白っぽくなっていきます。

どんな車種でも樹脂製の黒いパーツは使われていて
劣化すると白っぽくなっていくのです。

 

そうした黒い樹脂パーツをキレイにする方法を紹介していきます。

 

車の外装で最も気になる樹脂パーツとは?

[surfing_su_list_ex icon=”icon: car” icon_color=”#3955f2″]
  • フロントグリル部分
  • サイドミラーの付け根
  • サイドのピラー部分
  • 屋根のアンテナ
  • ボンネットとフロントガラスの間(トップカウル)
[/surfing_su_list_ex]

 

以上のパーツが白っぽくなっていくと
いくらボディが綺麗でも車が古く見えてしまいますよね。

筆者が実際に所有するミライースも外装に樹脂が使われていて
白っぽい感じになっていました。

 

最初は、ワックスの跡なのかと思ってましたが
樹脂が劣化していただけでしたね。

どうして、車の外装部品である樹脂パーツが白っぽくなるのかと言えば
塗装もされていないし表面を保護するものもないという事が原因でしょう。

 

さらに言えば、紫外線や温度なども関係しているのではないでしょうか。

そうしたことで、劣化が進み表面が白くなっていき
表面に白っぽい粉を吹いたようになっていくのでしょう。

 

完全に樹脂部分が劣化した場合の対処法

サイドのピラー部分に樹脂パーツが取り付けられているなら
純正色と同じ色にするという方法があります。

昔の車はサイドピラーの部分もボディと同色でしたが
最近の車を見ると同色になっていない車種が多くなったように思えます。

 

塗装するのが難しいという場合は
専用品のメッキを張るという方法もあります。

また、目立たせないようにするなら
フィルムを張るという方法もあったりしますよ。

 

つまり、劣化が気になるなら上から何かを貼るか
塗装をしてしまうという事が最も最適と言えます。

 

樹脂パーツの白化が薄い場合の対処法

樹脂パーツの白化が薄いという場合は
呉工業の「クレポリメイトDX」を使うと良いでしょう。

なぜなら、「クレポリメイトDX」を使うことで
樹脂パーツについていた白っぽいものが実際に無くなったからです。

 

しかも、実際に使って黒くて艶のある樹脂パーツになったので
自信を持ってお勧めできると感じたのです。

クレポリメイトDXは「プラスチック等の汚れ落とし、艶出し、保護」を
これ一本でできるのでメリットは大きいといえますね。

 

ただ、1回使っただけではしつこい汚れは落ちないので
何度も使うことが大切だと感じます。

 

 

まとめ

 

車の外装に取り付けられる樹脂パーツは
劣化によって白っぽくなっていきます。

これを防ぐには、樹脂パーツにつやを出す製品を買って使うという方法と
サイドピラーなら上から何らかの製品を張り付けるという方法もあります。

 

一番良いのが上から張り付けるという方法ですね。

理由は、上から何らかの商品を張り付けるだけなので
作業自体は工具も不要ですし数分で作業が完了するからです。

 

専用品が無くてもフィルムとかステッカーのようなものが
大手カー用品店では販売されているので使ってみると良いでしょうね。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ