外車は高いとかお金持ちのイメージが強い理由【実は国産のほうが高い?!】

 

外車を所有して会社に乗っていくと「お前金持ちだな」とか
どこにそんなお金があったの?」と言われることがあります。

国産で新車の場合はあまり言われないことを
外車に乗っていった場合は言われることが多くなります。

 

筆者が子供のころに抱いていた外車のイメージは
ヤクザが乗っている」とか「大手企業の社長が乗っている」など
お金持ちか怖い人しか乗れないというイメージが強かったのです。

しかも、外車というのは高いというイメージが強く
金持ちの人しか乗れないと思っていました。

 

確かに、国民的アニメの「ドラえもん」では
金持ちのスネ夫が外車の自慢をしたりしますよね?

実は、外車が高いというのは単なる幻想であり
そんな時代は終わっているのです。

 

ここでは、外車がどれほど安い値段で新車を販売しているのかを紹介していきます。

 

外車は金持ちしか買えないというのは単なる幻想?!

 

筆者が住んでいる地域ではフォルクスワーゲンや
メルセデスベンツなどの車種をよく見かけます。

ベンツ1台にしても値段は庶民でも買える価格から
大金持ちしか買えない価格まであるのです。

 

実際にメルセデスベンツのサイトに行き
購入シミュレーションをすると「ベンツA180」だと
新車でも「322万円」で買うことができます。

確かに、部品などの修理をしてもらうとなれば
高い値段となりますが昔ほど故障はしないくらいの品質になっています。

 

筆者が実際に新車で買った「フォルクスワーゲン ポロ」は
280万円しましたが、多くの人がイメージしている値段よりも安いと感じます。

ちなみに、グレードは「TSIハイライン」です。

 

このフォルクスワーゲンのポロよりも新車の値段が高い国産は
トヨタ:ハリアー」や「日産:セレナ e-power」になります。

かなり身近で誰でも買えそうな車種なので
イメージができたと思われます。

 

どうして、フォルクスワーゲンのポロを選んだかと言えば
1000ccでありながらハイパワーな加速力に惚れてしまったからです。

さらに、デザインもカッコ良いと感じたので購入を決断しました。

 

同じ280万円で購入できる国産はホンダの「フリード」とか
トヨタの「C-HR」などや日産の「セレナ」ですね。

280万円ではマツダのアテンザワゴンのほうが
値段的に高いので買えません。

 

何が言いたいのかと言えばフォルクスワーゲンのポロを買う値段で
国産が買えますよという事です。

つまり、今の外車は国産と余り変わらない値段で販売しているので
金持ちの乗る車ではないという事です。

 

外車のメンテナンス費用はどうして高いと思われるのか?

 

外車の新車価格は高いという思い込みをしている人は
まだまだ、多いようにも思えます。

一昔前の外車は、すぐに壊れたりメンテナンス費用も
ディーラーで依頼すると高額になったのは現実の話です。

 

しかし、それには大きな理由がありました。

昔は日本に在庫が無かった時代は海外から部品を取り寄せて
部品を交換したり修理をしたりしていたのです。

 

今でも、あるメーカーは飛行機で部品を輸送したり
船で運んだりすると言っていましたが
それは滅多に故障がなくて日本に在庫が無い部品の話でした。

 

ですが、徐々に外車メーカーは日本に在庫を置くようになったので
ある程度は部品を安く交換できるようになっているはずですよ。

 

また、外車の故障に関しては「新車から1週間でミッションが故障した」と
そのような口コミも実際にあります。

ですが、それは国産でも起こる可能性もあるので
「外車だから」という言葉だけでは片づけられないでしょう。

 

確率論としては、筆者の経験上ですが国産でも
新車から故障する車は良く故障をするといえます。

 

外車ディーラーの対応はひどいという噂は本当?

僕がお世話になっているフォルクスワーゲンは
大変良心的なディーラーだと感じます。

以前にプジョーにも見積もりと試乗に行きましたが
対応はかなり丁寧でした。

 

それと比較して、国産のスズキの対応は・・・

 

まあ、トヨタにも試乗に行きましたが
かなり親切な対応でしたし説明も分かりやすかった
こちらの事情や返済能力なども考慮した支払いシミュレーションもしてもらいました。

つまり、対応はディーラーによっても様々だという事になります。

 

一つのディーラーが対応が悪くても
他の同じメーカーのディーラーなら対応は良いかもしれません。

 

ちなみに、フォルクスワーゲンとプジョーに
見積もりに出かけた時に乗っていったのはミライースで行きました。

どちらも対応は丁寧で客として見てくれましたよ。

 

まとめ

 

外車の新車価格はピンキリで庶民でも買える車種もあれば
金持ちしか買えない車も実際に存在します。

たとえば、「アウディA1」の新車価格は「265万円」で購入ができます。

 

「アウディA1」の新車価格で国産で言えばマツダの「デミオ」が買えますが
アテンザのセダンタイプは買えないようですね。

もちろん、外車には高い車種もありますが
国産の新車が買える値段で販売している車種もあるのです。

 

つまり、外車は思ったほど新車価格は高くないし
金持ちが乗る車でもないということになります。

さらに、外車に関して故障が多いという噂も多いといえます。

 

ですが、その故障というのは本当に起こりやすいのかなどを
こちらのページで紹介しているので参考にしてみてくださいね。

↓↓    ↓↓

輸入車は壊れやすいと言う本当の意味とは?

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ

最初のコメントをしよう

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)