新車のメンテナンスパックは本当は不要!?

新車のメンテナンスパックというのは
本当は不要と言えるものです。

しかし、車の整備をしたことが無いという人にとっては
ディーラーのメンテナンスパックは大変ありがたいものとなるのです。

 

今回は、新車から自分でメンテナンスする方法から
ディーラーのメンテナンスパックは損するだけなのかについて紹介していきます。

これを読むと、新車購入時に損をしなくなり
どういう人にメンテナンスパックが必要なのかが分かるようになっています。

 

トヨタのメンテナンスパックの内容を例にすると・・・

トヨタに面ナンスパックの内容を見ると
半年ごとにオイル交換をしオイルフィルターや
ワイパーラバーなどは1年で交換となっています。

ワイパーラバーとは、フロントウィンドウの水滴を
取り除くためのワイパーゴムの事です。

 

さらに、1年点検では車をリフトアップして
足回りなどのチェックも行うのです。

 

・タイヤのローテーション

・タイヤの空気圧チェック

・下回りのゴム系の点検など

参照元:トヨタ メンテナンスパック

 

ディーラーのメンテナンスパックは実は過激整備?

ディーラーで新車を買うとメンテナンスパックを
営業マンは勧めてきます。

実際に、作業内容を見ると「そこまで点検が必要なのか?」と
結構気になってしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

確かに、割引されているとお得感がありますが
必要のない整備までお金を支払っているとすれば高いだけですよね。

次は、メンテナンスパックが
どういう人に向いているのかなども紹介していきます。

あまり車を使わない人にはメンテナンスパックは不要

 

実は、車の使用状況などによっては
メンテナンスパックは高くて無駄なものとなります。

たとえば、1ヶ月に100kmしか距離を走らない車なら
6ヶ月で600kmの距離をしか走らないので
メンテナンスパックの6ヶ月点検は無駄と言えますよね。

 

なぜなら、本来の交換頻度はシビアコンディションでも
7500kmとなっているからです。

一般的の街乗りで使用するガソリン車は
1年でエンジンオイルの交換となっているようです。

 

確かに、トヨタのメンテナンスパックの内容ではシビアコンディションや
ターボ車に乗っているなら時期的にはバッチリだと感じます。

しかし、あまり車で遠出をしない人や
近くの店に買い物だけに使用するという場合は
エンジンオイル交換の時期は早いようにも思えるのです。

 

つまり、あまり距離を走らない車にとっては
6ヶ月点検というのは必要性はほとんど感じられません。

逆にこういう人はメンテナンスパックは必要!

・自分で車の点検をすることができない人

・点検をしたくても時間がない人

・点検整備をしたいが場所がない人

 

自分で点検をすることができないという人は
メンテナンスパックが必要となります。

理由は、車と言うのは定期的なメンテナンスをすることで
コンディションを常に良好に保つことができるからです。

 

また、知識はあっても忙しくて点検をする暇がないという人も
メンテナンスパックは必要と感じます。

知識がある人ほど有効に利用すると思いますが
お金をケチるところじゃないですよね。

 

そして、点検整備をしたいけど場所がないという人もいますよね。

たとえば、都心に住んでいる人などは
なかなか場所が見つからないし月極駐車場で
車をいじっていると車上荒らしと間違えられますからね。

 

そう考えると、メンテナンスパックは必要だと感じます。

 

メンテナンスパックは本当に必要なのか?

トオル
トオル

新車を買おうと思ってますが、車の点検は自分でも
挑戦しようと思っているんです。

そんな僕でも、メンテナンスパックは必要ですか?

それとも、プロに見てもらうほうが安全でしょうか?

よしぶー
よしぶー

絶対に必要というわけではありません。

理由は、メンテナンスパックは自分で車の整備ができない人や
する時間が無いという人のためのものなのです。

なので、自分でメンテナンスができるなら基本不要
トオルさんのように自分でメンテナンスをやろうと
そう思っている人も不要と言えますね。

トオル
トオル

そういえば、友達がトヨタのアクアを買った時に
営業マンからメンテナンスパック入るように言われたそうです。

でも、その友達は自分でメンテナンスできないけど
旅行が大好きで毎月どこかに出かけているんです。

そういう人には必要という事になりますか?

よしぶー
よしぶー

自分でメンテナンスできないなら
メンテナンスパックは必要です。

もちろん、距離を走る車に対しても必要となりますが
毎月旅行に出かけて1ヶ月3000kmの走行距離を走るなら
6ヶ月点検までにはエンジンオイルの交換となりますよね。

この場合は、僕の個人的な意見ですが必要と思われます。

トオル
トオル
ということは、距離を走りすぎる車は不要で
距離を走らない車はメンテナンスパックが必要と分かりました。
よしぶー
よしぶー

メンテナンスパックは、トヨタなら「37800円」で
ダイハツは「30240円」でしたよ。

あまり距離を走らない人には入らないほうが良いですね。

 

まとめ

新車時のメンテナンスパックが必要な人は

 

ポイント

・車の整備ができない

・消耗品などの適した交換時期が分からない

・メンテナンスに時間を使えない

・知識はあっても体の状態に問題があり作業ができない

・少しでもお金を節約したい

・短距離しか車を使わない

 

以上の人はメンテナンスパックが必要と考えられます。

 

そもそも、車の整備ができないという人は
メンテナンスパックが必要です。

また、知識があっても体の状態によって
作業ができないという場合もあります。

 

たとえば、指が1本無いという場合や
腰痛がひどくて力を入れる作業ができないなど
そういう場合はメンテナンスパックが必要となるかもしれません。

 

筆者も腰痛ですが簡単なメンテナンスは
自分でするようにしています。

月極駐車場代を利用している場合は
知識があってもその場で作業ができないので
そういう場合はメンテナンスパックが必要になるかもしれませんね。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ

最初のコメントをしよう

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)