ディーラーと買取専門店のどっちがお得?!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

車を買い換えるときはディーラーや中古車販売店で
下取りにする人はかなり多いです。

ですが、実際にはディーラーと
買取専門店とではどちらがお得なのでしょう。

ディーラーと買取専門店とでは
どっちがお得なのかを紹介していきます。

ディーラーで車を下取りにだすのはお得!?

車を売るという場合はディーラーに車を
下取りするか買取専門店で買い取ってもらうかのどちらかです。

ディーラーで下取りをする場合は
以下のようなメリットがあります。

 

 

・大きな安心感がある

・スムーズに完結させられる

・今までの付き合いとこれからの付き合い

・新車の乗り換えなら車がない日を防げる

 

 

ディーラーに車を下取りする場合は
大きな安心感があります。

ディーラーはメーカー名とエンブレムを、看板代わりにしているので
かなり安心して下取りすることができます。

 

ディーラーに下取りするということは
車を買い換える場合に全てを丸投げにすることが出来ます。

なので、スムーズに商談から納車まで
完了させることができるのです。

 

私もディーラーで車を下取りしようと思い
見積もりを出してもらったことがあります。

H24年式のミライースでしたが
ダイハツディーラーは「1万円」と言ってきました。

「軽自動車ならそんなもん」と思う人は
かなり大損していることが多いと言えます。

買取専門店で査定をしてもらうと
「10万円」と言われるかもしれません。

 

色んな販売網を持つ買取店なら
もっと高い値で買い取るかもしれません。

基本的にディーラーは「買い取り」ではなくて「下取り」なので
買取専門店とは意味が異なります。

ディーラーは販売がメインの仕事なので
買い取りは専門ではありません。

 

ディーラーが車を買い取るという理由は、実質的な新車の値引きとして
車を買い取るので、査定価格は全く期待できないのです。

これは、乗用車でも軽自動車でも話は変わりません。

 

もし、ディーラーで乗用車が100万円で下取りされたなら
買取専門店に査定士てもらうともっと上の金額だと思って間違いありません。

ディーラーは、一般的に販売するところであり
車を買い取るというのは業務外と言えます。

 

車を売却するときの手間を比較するなら
買取専門店よりもディーラーの方が手間は少ないです。

理由は、ディーラーは新車購入と並行しているため
今まで乗っている車を処分してくれるからです。

同じディーラーですべての手続ができるし
営業マンも同じなので納車のスケジュールも
調整がとても簡単なのです。

買取専門店で車を売る場合は、作業を別々でしなくてはいけないし
納車スケジュールもずらす必要があります。

 

なので、手間を考えるならディーラーの方が良いと言えます。

 

ディーラーで下取りをするのに向いている人は?

ディーラーで下取りをするのに向いている人は
とにかく、手間を省きたいという人や
安心感を優先したい人に向いていると言えます。

さらに、車がない日があると困るという人も
ディーラーで下取りするほうが良いかもしれません。

 

ただし、ディーラーは買取店と比較して、買取価格が
かなり安いのは覚悟しないといけません。

車を高く買い取ってもらいたいなら
複数の買取専門店に査定をしてもらうのが一番でしょう。

ですが、複数の買取専門店に査定依頼をしたら
電話がジャンジャンかかってきます。

すべての買取専門店の対応をする自信があるなら
一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

 

まとめ

複数の買取専門店に車を査定してもらうと
色々な買取専門店が電話をかけてきます。

全てに対してお断りの電話をするのが
どうしても嫌なら一つの買取専門店に絞るのも良いですね。

買取専門店で一番オススメなのは
以下のページで紹介しています。

↓↓   ↓↓

ハイシャルを実際に使った人の良い口コミと悪い口コミ

 

車の買取を考えているなら一括査定サイトよりも
特定の買取店を選んだほうが良いでしょう。

 

・電話が大量にかかってくる

・個人情報が何故か漏れる

・昼も夜も関係なく電話がかかってくる

・面倒

 

一括買取査定サイトを利用するのは
以上のようなデメリットがあります。

 

しかし、査定も電話も1回だけで5000社もの買取店から入札され
高値で買い取られるならありがたいと思いませんか?

 

詳しくは、以下のボタンをクリックしてください。