軽自動車の魅力って何?【メリットとデメリット】

6901

 

車がステータスの時代は、軽自動車というのは
肩身の狭い車種だったように感じます。

昔の軽自動車というのは本当に走るだけで
何も付いていませんでした。

 

どうして、そんな軽自動車が人気になったのか
意外に知らない人が多いのではないでしょうか。

軽自動車が人気の理由や
メリットやデメリットについて紹介をしていきます。

 

軽自動車が人気の理由

昔の軽自動車は乗用車よりも
寿命が短いというふうに言われていました。

エンジンや車自体の耐久性が
一昔前と比べるとかなり上がっています。

 

軽自動車というのは、日本だけの車であり
「日本の文化」と言っても過言ではないでしょう。

トヨタや日産も軽自動車の需要に乗っかり
軽自動車を販売するようになりました。

 

トヨタはダイハツのOEM車ですが
販売しています。

日産は三菱と手を組んで
軽自動車に力を入れているのです。

 

そこまでしてでも軽自動車は需要があり
人気のあるジャンルだと言えます。

では、細かく軽自動車の魅力に
迫ってみましょう。

 

軽自動車は税金が安い!

 

今も昔も全く変わっていない軽自動車のメリットは
「税金の安さ」だといえます。

排気量も660ccに制限されていて
自動車税も「10,800円」と非常に安い値段と鳴っています。

 

自動車重量税も一律しているため
車両重量が少し重くても重量税は同じなのです。

たとえば、スズキ・ジムニーの車両重量は「1.030kg」で
スズキ・アルトの車両重量が「650kg」ですが、同じ重量税となります。

 

なので、車両重量が重くても軽くても
同じ重量税となります。

乗用車の場合は「2,000kg」と
「3,000kg」では重量税は変わります。

 

こういう部分を見ると、重量に左右されない軽自動車は
メリットが大きいように感じます。

 

軽自動車なのに装備が豪華

 

最近の軽自動車の装備を見ると
本当に驚かされます。

ホンダ・N-BOXなどはグレードによっては装備されませんが
スライドドアを握ると自動でドアが開きます。

 

引用:https://www.honda.co.jp/

 

メーカーオプションで取り付けが可能の
「ハンズフリースライドドア」などもあります。

昔の軽自動車のオプションカタログにも
こうしたすごい機能はオプション化されていませんでした。

 

最近の軽自動車というのは
乗用車並みの装備が備わり大変便利になっています。

また、実燃費が良い軽自動車もあるので
メリットは大きいと言えます。

 

オシャレでカッコ良いデザインの車種が増えてきた

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

軽自動車の人気は
税金や維持費が安いだけではありません。

オシャレでカッコ良い軽自動車も
ガンガン増えているのです。

 

ダサい軽自動車は
今どきのユーザーは買ってくれないのです。

「軽自動車は貧乏人の車」という時代は
もはや昔の話です。

 

軽自動車でもオシャレでカッコ良い又は
かわいい車が多いのです。

たとえば、三菱・EKクロスも結構カッコ良くなりましたし
ダイハツ・トコットも、まあまあ可愛い感じがします。

 

アルトラパンも、女子ウケしているんじゃないでしょうか。

 

軽自動車を買うメリットとデメリットを考察してみた

 

軽自動車には様々なメリットがあります。

どういうメリットがや、分かり切ったデメリットや
今まで気づかなかったデメリットを、包み隠さずに紹介していきます。

 

軽自動車を買うメリット

・小回りがきく

・車庫入れも簡単

・修理費が安い

・税金が安い

・カスタムパーツが安い

 

軽自動車はボディイサイズに制限があるので
余り不安を感じることはないです。

さらに、小回りも効くので大変運転も
しやすいと言えます。

 

スズキ・アルトの最小回転半径は「4.2m」で
非常に小回りがきいて車庫入れもしやすいです。

また、軽自動車は一つ一つの部品が安いので
修理費も乗用車と比較して修理費も安いです。

 

冒頭でも少し説明をしましたが
税金が安いというのも軽自動車のメリットと言えます。

カスタムパーツも、非常に安い値段で販売しています。

 

 

費用を抑えつつカスタムを楽しむなら
軽自動車でやったほうが費用も安く抑えられます。

ただ、同じようなパーツを何度も交換するというのは
費用の無駄ですし無計画なカスタムと言えます。

 

軽自動車を買うデメリット

 

・事故を起こしたときは悲惨な状態になる

・最近は車両本体の価格が高い

・未だに軽自動車だと言うだけでナメてかかる車がいる

 

軽自動車のデメリットは、正論を言えば
ボディにゆとりがないため事故を起こした場合は
死亡する可能性があります。

お互いが出しているスピードによりますが
これはボディの厚みではなくボディサイズが小さいからだと感じます。

 

私個人の意見は、国産車全てではないですが
大抵はペラペラボディでとても危険な車だと言えます。

ただ、軽自動車がボディサイズが小さいので
最も悲惨な目にあいやすいだけです。

軽自動車のメリットと言える車両本体価格が
かなり高くなっています。

スポーツタイプと4WDを省いて
実用的な車種の軽自動車の値段は以下のとおりです。

 

・N-BOX:178万円

・EKクロス:163万円

・スペーシアギアハイブリッド:169万円

・ウエイク:171万円

 

コペンなどのスポーツタイプの車を省いて
軽自動車の値段は、上記のとおりです。

昔と違い、安全装備や快適装備が取り付けられるようになり
軽自動車でも値段が跳ね上がり、新車価格が高くなっています。

 

昔のような金額には
戻らないでしょうね。

軽自動車というだけで
「安い車」だと思われることです。

 

ここでいう、「軽自動車をナメている」は
交通に関してのことではありません。

「軽自動車だから」という理由で
不便な車だと思われていることです。

軽自動車にパワーウインドウが装備されていることに
ものすごく驚いている高齢者の方がいました。

100歩譲って高齢者だから仕方ないとか思うのですが
これまで、軽自動車に乗ったことがないのかと思ってしまいますね。

 

まあ、軽自動車しか運転したことがない人も
世の中にはいるようなので、その逆もいるかも知れません。

最低グレードでも今どきの軽自動車は
パワーウインドウは付いています。

プッシュボタンスイッチが軽自動車にも備わり
横滑り防止機能も備わっているというのは
昔に比べてかなり進歩していると感じます。

 

細かい装備がどれくらい進歩しているか、わからない人にとっては
軽自動車とは進歩がないと思われるのかもしれません。

 

まとめ

軽自動車は人気のあるジャンルで
いろいろな便利装備が備わっています。

リセールバリューを考えるなら上級グレードで
人気のあるボディカラーを選ぶのが鉄則です。

 

また、値落ちしにくい軽自動車を選ぶのも
リセールバリューが期待できるポイントと言えます。

 

トオル
トオル
そろそろ、軽自動車を売ろうかなぁ

 

そう思うなら一度、買取業者に
査定をしてもらうと良いでしょう。

こちらのページでも買取業者のことを紹介しているので
参考にしてみてくださいね。

↓↓      ↓↓

ハイシャルを実際に使った人の良い口コミと悪い口コミ

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ