車のチューニングのひとつROMチューンは有効?

車にはECUというエンジンを
制御しているコンピューターが装着しています。

そうした、制御しているECUをいじることで
チューニングによっては車の性能を上げることができるのです。

 

最近では、エンジンの制御だけではなく
オートマチックトランスミッションなどの
変速装置も制御するようになってきました。

車の加速をよくするためには
最近の車種でも対応できるECUチューンを紹介します。

 

一昔前に流行したROMチューンは今でも有効か?

ROMチューンとは、標準でプログラムされているものを
少し違った味付けにして加速をよくするという手法のチューニングです。

つまり、ノーマルのデータを違うプログラムに書き換えて
実際の燃料噴射量や点火時期などをさらに最適にすることを言います。

 

そんなに加速が良くなるならメーカーはなぜしないんだ?

 

ひょっとしたら、あなたはそのように思うかもしれません。

しかし、コストに制限があり不特定多数の人間が購入する
メーカーの車は、どうしても「万人受け」するセッティングでないといけないのです。

 

理由は、ちょっとした買い物に使う程度や子供の送迎に使う場合に
スポーティな味付けの車はかえって扱いにくく感じる人が多いので
走りを楽しみたくない人が買わなくなるのは困るからです。

 

 

しかも、誰が乗っても大丈夫なように
ECUのセッティングは想像を絶するテストをしているはずです。

それは、ROMチューンを施すチューニングショップも同じで
色々と試行錯誤の繰り返しでチューニングをしているのです。

 

結論ですが、ROMチューンをして加速が良くなるのかと言えば
単体では、効果を発揮しないのはまちがいありません。

たとえば、マフラーやエアクリーナーを交換した程度で
ROMチューンはお勧めできません。

 

 

理由は、チューニングをするたびにROMチューンをするのは
かなり効率が悪いしお金の無駄使いになるからです。

ROMチューンを手掛けているチューニングショップで
「アールズ」を例にすれば、フェアレディZで「86400円」です。

 

それでも、かなり高い値段なので
これをチューニングをするたびに支払うのはキツイでしょう。

なので、「しばらくこのままで良い」と思ったとき以外は
やらないほうが良いといえます。

 

つまり、車のチューニングのひとつROMチューンは有効かどうかは
車にチューニングを施しているメニューによります。

たとえば、ノーマルの状態でROMチューンは
ほとんど意味がないといえます。

 

しかし、吸排気系統をいじり点火系もいじっているなら
ROMチューンをすると面白い走りが期待できるかもしれません。

だけど、手軽にコンピュータチューンがしたいというなら
以下のページで説明している方法も一つの選択肢になるでしょう。

↓↓      ↓↓

サブコンを取り付けた車は本当に劇的な効果がある?!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ