ブルーミラーに交換する本当の意味と必要性とは?

 

車のサイドミラーをブルーミラーにする必要性は
全くないという人と必要性を感じる人と意見は二つに分かれます。

しかし、サイドミラーをブルーミラーにすることで
後続車のヘッドライトがまぶしいと感じなくなります。

 

なので、ブルーミラーは
かなりありがたいアイテムなのです。

人と違うサイドミラーにしたいという人は
これから説明することを参考に見ると良いですね。

 

ブルーレンズサイドミラーの必要性

 

ブルーレンズサイドミラーの必要性は
「周りに合わせたくない」と少しでも感じたなら
取り付ける必要性があるといえます。

しかも、後続車のヘッドライトがまぶしいという場合があるなら
そういう場合もブルーミラーを取り付けることを検討すると良いですね。

 

さらに、ブルーミラーの値段は
社外品ならそれほど高くありません。

しかも、ガラス製で貼り付けタイプなら劣化を心配はありません。

 

ブルーミラーが劣化して変色するって本当!?

 

どうして、ブルーミラーが劣化して変色するのかを
具体的に説明していきます。

ブルーミラーはフィルムタイプもありますが
フィルムの製品は劣化しやすく変色しやすい場合が非常に多いです。

 

ネットでたまに「ブルーミラーは変色する」と書き込まれているのは
フィルム製のブルーミラーの事だと考えられます。

だけど、ガラスのブルーミラーだと
劣化はほとんどありませんし
変色するという事もほとんどありません。

 

僕は実際にブルーミラーをサイドミラーに取り付けて
車を利用していますがミラーが劣化している様子は感じられません。

確かに、最初は慣れないので後方が見にくく感じるでしょう。

 

しかも、夜のバックは少し後方が
見えにくく感じることが多いんです。

しかし、慣れてくるとブルーミラーでも
特に問題だと感じることは少なくなってきますよ。

 

ブルーミラーを取り付けると車検に通るかどうか不安ではないですか?

ブルーミラーを取り付けて車検に通るのかどうかを
こちらのページで詳しく解説をしているので読んでみてくださいね。

↓↓     ↓↓

ドアミラーをブルーミラーに交換すると車検に通らない?!

 

ドアミラーが車検に通るのかどうかは
以下の動画でも解説をしています。

↓↓  ↓↓

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ