車にラッピングフィルムをさりげなく貼る方法はこれだ!失敗しないやり方ってある?

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

車にラッピングフィルムを貼って
カスタムをしようという場合はとにかく
きれいに貼らないと見栄えが悪くなります。

ラッピングフィルムを貼る場合は必要になる道具を
そろえておく必要があります。

 

車にラッピングフィルムをしわを少なく
貼り付ける方法を紹介していきます。

 

ラッピングフィルムとは?

 

ラッピングフィルムというのは、フィルム状のものを
ボディーやインパネなどに張り付けることができる製品を言います。

ナイロン製の薄いペラペラした製品なので
形状が曲がっている部分にも貼り付けが可能です。

 

外国では中古のタクシーをピカピカに見せるために
ラッピングフィルムを張り付けている場合があります。

ラッピングフィルムは簡単に美しく見せることができるし
カスタムをする場合も思った形状にすることができるのでよく利用されています。

 

ラッピングフィルムを貼るのは難しい?

結論から言えば、ラッピングフィルムを貼るのは
それなりにテクニックが必要なので難しいです。

メリットが大きいラッピングフィルムですが
基本的に業者に依頼したほうがキレイに張り付けることができます。

ただ、ちょっとした部分にだけ貼り付ける場合は
自分で作業したほうが安く費用を抑えられます。

ラッピングフィルムも数を重ねて練習していかないと
なかなかうまくなりません。

 

最初は失敗するかもしれませんが
数をこなしていけば、そのうちきれいに貼るコツを知ることができます。

 

最初は小物から貼り付けて練習をしていくほうが良い?

ラッピングフィルムを貼り付ける練習をするなら
最初は小物から始めると良いでしょう。

慣れてきたら徐々に大きな部分に
挑戦をしていくのがおすすめです。

 

どうすればうまく貼り付けることができるのか
いろいろと試してみると良いでしょう。

 

ラッピングフィルムを業者に貼ってもらう場合の費用

価格は業者によっても違いますがパネル一枚の場合は
3万円~5万円くらいが相場のようです。

小型乗用車をふるラッピングする場合は
10万円~25万円が相場のようです。

 

ラッピングフィルムと言ってもいろいろとありますが
その中でも目を惹くのがアニメキャラのラッピングフィルムでしょう。

そうしたアニメキャラのラッピングフィルムを業者にしてもらう場合は
30万円~60万円が相場となっています。

 

失敗しないラッピングフィルムの貼り方

ラッピングフィルムで失敗するのは
空気が入ったりシワになったりすることです。

空気が入った程度なら遠くから見れば分かりませんが
シワができると遠くからでも確認ができます。

 

ラッピングフィルムを貼る前に
貼ろうと思う部分を脱脂しておきましょう。

おすすめは「シリコンオフ」です。

 

ギリギリに切らず余裕をもって大きめに切る

ラッピングフィルムを目的の場所に張り付けようとする場合は
どうしてもギリギリのサイズで切ってしまいがちです。

しかし、上手く張り付けようと考える場合は
少し大きめに切ってから徐々に調整をしていくほうが上手くいきやすいです。

 

さらに、ラッピングシートは全てはがさないで
徐々にはがしながら貼り付けるほうが良いでしょう。

 

ラッピングフィルムを貼り進める場合のテクニック

ラッピングフィルムを貼る場合は
空気を押し出しながら貼り付けるのがポイントです。

小物を手で持って貼る場合はフィルムを持っている手を
少し高めにしてフィルムを垂直に近い角度でへらを使って張り付けると上手く張りやすいです。

 

手で貼るという意識ではなく
ヘラでググっと空気を押し出しながら貼り付けるイメージです。

そして、フィルムは手で引っ張るのではなく
押し出すようにして進んでいくほうが良いですね。

 

車にラッピングフィルムを張るときの注意点は?

ラッピングフィルムはヒートガンを使って
貼っていくほうがキレイに張り付けることができます。

ヒートガンは300度くらいの温風が出るので
この温風をあててシートを柔らかくしながら貼り付けていきます。

 

シートを柔らかくしながら貼り付けることで
曲面部分もきれいに貼ることができるのです。

最終的には、余計なフィルムは切っていきます。

 

しかし、裏側はあまりいらないからという理由で
ギリギリまで切ってしまうとフィルムが収縮した時に剥がれてきます。

なので、フィルムを切るときも少し長めに
1cmくらいは残しておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

ラッピングフィルムを貼るときは
ゆっくりと慎重に張り付けていく必要があります。

慌ててしまうと失敗する可能性が高くなるので
じっくりと行うほうが良いです。

 

ラッピングフィルムを自分でやろうという場合は
時間がある日に、作業をしたほうが上手くいきやすいです。

慣れればラッピングフィルムをきれいに貼れるようになるので
最初は小物から始めてはいかがでしょうか。

 

車を簡単にカスタムする方法はらっぴんぶフィルムだけではなく
ステッカーでもカスタムは可能です。

以下のページでは、ステッカーを使ったカスタム方法を
紹介しているので参考にしてみてくださいね。

↓↓     ↓↓

車をカスタム!失敗しない初心者のためのステッカーチューンとは?

 

車の買取を考えているなら一括査定サイトよりも
特定の買取店を選んだほうが良いでしょう。

 

・電話が大量にかかってくる

・個人情報が何故か漏れる

・昼も夜も関係なく電話がかかってくる

・面倒

 

一括買取査定サイトを利用するのは
以上のようなデメリットがあります。

 

しかし、査定も電話も1回だけで5000社もの買取店から入札され
高値で買い取られるならありがたいと思いませんか?

 

詳しくは、以下のボタンをクリックしてください。