自動車のバッテリーを無料で処分する方法とは?

自動車のバッテリーを自分で交換した後に
一番困るのが交換後のバッテリーの処分ではないでしょうか。

僕もバッテリーを自分で交換をしたことが何度もありますが
交換後のバッテリーの処分に大変困ったことがあります。

 

自動車のバッテリーを処分するには
どうすれば良いのかを紹介していきます。

 

バッテリーを無料・有料で回収してもらえる業者

  • ガソリンスタンドで破棄してもらう
  • ホームセンターで処分してもらう
  • オートバックスなどで処分をしてもらう
  • ディーラーで処分をしてもらう
  • バッテリーを売却する

 

こうしたところから処分をしてもらうことができます。

 

ガソリンスタンドでバッテリーを回収してもらう場合

 

まず、ガソリンスタンドでバッテリーを処分するなら
処分したいバッテリーをガソリンスタンドに持っていき
店員に「バッテリーの処分をしてもうことは可能ですか?」と聞きます。

そうすればバッテリーの回収が無料かどうか
教えてもらえるでしょう。

 

確かに、バッテリーの処分には有料の場合もあります。

 

たとえば、ガソリンスタンドなどで処分を依頼すると
処分料を取られる可能性もあります。

僕がガソリンスタンドでバッテリーの処分を聞いたときは
当たり前のように「500円」の処分料を頂くといわれました。

 

バッテリーの回収は、どの店も表示していないので
回収する場合は無料か有料かが分からないことが多いですよね。

 

ホームセンターでバッテリーを回収してもらう場合

 

僕は、ホームセンターでバッテリーの処分を依頼したことがないので
何とも言えませんが、有料の店もあるので
近くに店員がいれば聞いてみるのも良いでしょう。

店員が近くにいればバッテリーを回収してもらえるか聞いてみるのも良いですね。

 

オートバックスでバッテリーを回収してもらう場合

そして、オートバックスは無料で回収してもらえます。

僕は交換後のバッテリーは常に
オートバックスで処分してもらうようにしています。

 

 

しかも、バッテリーは楽天市場で購入して
オートバックスで処分をしているので
特に、その店で買わないといけないわけではないようです。

人によっては、罪悪感からバッテリーを
オートバックスで買う又は交換してもらうケースがあります。

 

また、何度かバッテリーの回収をオートバックスでお願いしていますが
〇〇の横に置いといてください」という感じで
どこのオートバックスでも似たようなことを言われました。

別に嫌な顔もしないし断られることもありません。

 

とはいえ、最近ではオートバックスで購入し
処分をしてもらってますけどね。

ディーラーでバッテリーを回収してもらう場合

 

ディーラーも同じで無料回収してくれるところもあります。

 

ただ、ディーラーによっては「1000円」も
処分料を取る店もあるので要注意です。

理由としては、電池工業会の回収プログラムに参加していないディーラーは
バッテリーの処分は有料となるケースもあるようです。

 

僕が良く利用しているディーラーは
無料で処分してくれるとの事でした。

 

バッテリーは売ることが可能!?

 

車のバッテリーは売却することができます。

たいていは、スクラップ業者が買い取りをしてますが
ネットでも「車 バッテリー 買取」と検索すれば
買取をしている業者が表示されるので参考にすると良いでしょう。

 

さらに、バッテリー交換後のパワーウィンドウの
初期設定方法はこちらで紹介しているので参考にしてくださいね。

↓↓       ↓↓

バッテリー交換後にするべきパワーウィンドウの初期設定

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ