1. TOP
  2. 車の社外部品の取り付け
  3. スロットルコントローラーを実際に取付けた効果とは?

スロットルコントローラーを実際に取付けた効果とは?

スロットルコントローラーは、ワイヤー式ではないタイプの
「電子制御式スロットル装着車」にのみ取り付けが可能となっています。

ちなみに、「電子制御式スロットル装着車」とは
従来の機械的なワイヤー式スロットルに比べて
部品点数がかなり少ないというメリットがあります。

 

ただ、最近の車は燃費による制御が働き
運転手が意図したアクセル操作になっていないケースが多いです。

たとえば、アクセルを急激に吹かしたとしても
加速をしないで発進がもたつき加速しないということがあります。

僕自身が毎日の通勤に使っているミライースも
急激にアクセルを吹かすとスムーズに加速していかないことがあります。

つまり、加速を急激にしようとすると
何らかの制御がかかり思ったほど加速しないという事です。

 

ハッキリ言えば、こうした制御をスロットルコントローラーで
疑似的な信号を送りコンピューターをごまかして走行するという製品ですね。

では、このスロットルコントローラーを
実際に取り付けて走行をした感想を紹介していきます。

 

スロットルコントローラーを付けたときの体感

僕はピボットのスロットルコントローラーを取り付けましたが
この装置は、他のいろんなメーカーでも販売しています。

まず、ピボットのスロットルコントローラーは
以下のモードで設定できます。

  • ECOモード:1~5段階
  • SPORTSモード:1~7段階

 

以上のモードを選ぶことができます。

僕が実際にすコロンを取り付けて
走行を体験したのは「ECOモード:1~3段階」と
SPORTSモード:5~7段階」です。

 

まずは、ECOモードを体験した感想です。

実際にECOモード3で走行をすると
かなりモタモタした走りになります。

 

たとえば、アクセルと大きく踏んだとしても
加速はとても緩やかに走り始めるのです。

ただ、どうしてECOモード3までしか
テストしなかったのかといえば
車がアクセルに関係なく緩やかに走るからです。

 

「こんなに車がゆっくり走るのは苦痛だ!」

 

そう思い、ECOモードの最大5段階目までは
テスト走行は断念しました。

さらに、周囲の交通の妨げになる可能性がある
ECOモード3段階は、余りの遅さにビックリして
思わずハザードを点灯し路肩に寄って停車し設定しなおしたくらいです。

 

なので、ECOモードで走行するなら3以上は交通の妨げになるので
使用は控えたほうが良いかもしれません。

でも、ECOモードで走行し続けて
実際に燃費が向上したのかと言えば
僕の場合は逆に燃費が悪化しました。

 

しかも、ストレスがたまるので
ECOモードは現在は使っていません。

 

SPORTSモードで走行をした場合の感想

次に、「SPORTSモード」を体験してみた感想ですが
おぉ?!これはすごい♪」と思わず二ヤリとしてしまいました。

 

なぜなら、ここまで自分の車が変わるなんて
夢にも思っていなかったからです。

また、アクセルを少し吹かすだけで
車がグイグイ前に進む感覚はとても気持ちの良いものです。

 

しかも、ミライースは過給機がついていないタイプの軽自動車なので
平坦な道でも非力で加速に少々不満を持っていましたが
「SPORTSモード5段階」で走行をするとストレスのない走りが楽しめます。

次に、SPORTSモード7段階で走行をしてみたのですが
最初は、かなり運転しにくい車になりました。

 

 

理由は、アクセルを少し踏み込んだつもりでも
車が急激に加速をし始めるからです。

 

うわぁ、運転しにくいなぁ

 

そう思っていたのですが徐々に慣れてきて
普通に走行ができるようになったのです。

通常は、SPORTSモード7段階で走行をすると
燃費が悪化しますがアクセルの踏み方に注意すれば
かなり燃費の良い走りが可能となります。

 

さらに、加速も良いと感じるので
取り付けて本当に良かったですよ。

今現在は「SP7」の設定で走行をしています。

 

スロットルコントローラーで車はパワーアップする?

 

正直に言えば、スロットルコントローラーを取り付けて
車の性能自体は全く上がりません。

ただ、車のレスポンスが向上したように思えるだけです。

 

つまり、車のECUに疑似信号を送りアクセル開度の反応を良くしているように
運転手に思わせているだけの装置です。

これは、ワイヤー式スロットルの車でも
ワイヤーを調整するナット部分でスロットル開度を調整し
好みのアクセルの反応にしていたことがあります。

 

おそらく、それと同じ原理でアクセルの反応が良いだけで
車の性能自体は変わっていません。

ただ、「アクセルの反応を良くしたい」というなら
スロットルコントローラーを以下から買って取り付けると良いですね。

↓↓     ↓↓

【OBD2簡単取り付け!】スロットルコントローラー  車種別ハーネスセットの詳細はこちら

 

広告

\ SNSでシェアしよう! /

車のメンテナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

車のメンテナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
記事の外注も承ります。

記事の代行を依頼するという場合は
「ラウドワークス」経由で「miraes」をご指名ください。
↓↓↓

クラウドワークス

ライター紹介 ライター一覧

よしぶー

よしぶー

軽自動車から乗用車まで色んな車をチューニングしたり
自分で修理やメンテナンスを10年以上してきました。

過去にサーモスタットの交換やブレーキパットの交換などもしたことがあります。

ガソリンスタンドでは、オイル交換や
ATFなどの交換作業もしていました。

実際に車の部品取り付けの経験をしてる
元ガソリンスタンドの店員です。

また、記事の外注も承ります。

記事の代行を依頼するという場合は
「ラウドワークス」経由で「miraes」をご指名ください。

コメント

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 車買取査定でどんな車でも高く買い取ってもらうためのコツ

  • 車の一括査定サイトは危険!?【口コミの裏側】

  • どうしてドイツ車は安全性が高いのか?【事故に強い】

  • トヨタハリアーの買取相場と高額で売却するための豆知識

関連記事

  • カーボンボンネットにボンピンは絶対必要ではない?!

  • 掃除が楽で人と違う車の汚れ防止マットの選び方

  • 個人で行う分解整備は違法なのか?メンテナンスでの注意点

  • 車のエアクリーナーはむき出しタイプが超危険な理由

  • 車のマフラーを社外品に交換するメリットとデメリット

  • フロントハーフスポイラー取り付け失敗の実例