社外ブローオフバルブを取り付ける意味があるのか?

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ターボ車をチューニングをしようと思えば
まず最初にいじりたくなるのが「ブローオフバルブ」です。

ブローオフバルブは、ターボのコンプレッサと
スロットルバルブから発生する圧力を開放するバルブを言います。

 

ブローオフバルブは内部にバルブがついていて
アクセルを踏み込むことでブローオフバルブが閉じ
アクセルから足を離すとブローオフバルブは開きます。

なので、アクセルから足を離したときに
「シュルルルル」と音がするのはこうした理由からです。

 

ブローオフバルブを付けると車はどう変化する?

ブローオフバルブは、基本的に
スロットルレスポンスの悪化を防ぐ装置です。

ほかにも、コンプレッサブレードの負荷の原因となる
コンプレッササージングを防ぐ役目も果たしています。

コンプレッササージングとは、圧縮空気が逆流して
正常な機能を果たさなくなる現象を言います。

もし、ブローオフバルブが取り付けられていなければ
逆流によってターボチャージャーが破損してしまう可能性もあるのです。

 

さらに、アクセルのレスポンスも悪化する可能性もあるので
ブローオフバルブは必要な装置です。

メーカー純正のターボエンジンでも
ブローオフバルブは取り付けられていて
先ほど説明したとおりの役目を果たしています。

 

純正ブローオフバルブは容量が小さい

実は、純正ブローオフバルブは以下の欠点を持っています。

 

  • バルブ径が小さい
  • 容量が小さい
  • スプリングが柔らかく硬さの調整ができない
  • バルブが開いてからの戻りの遅さがある
  • 過給圧を上げた車両では圧力が逃げてしまう

 

純正ブローオフバルブには
こうした欠点があります。

ですが、社外品のブローオフバルブは容量が大きいので
圧力もレスポンスよく逃がしてくれます。

 

さらに、高過給圧にも対応しているのでターボチャージャーの性能を
最大限に発揮させることも可能になっているのです。

基本的に、ブローオフバルブは
ターボチャージャーの保護を目的としているので
取り付けたからと言って加速が良くなるわけではありません。

 

つまり、ターボ車でブーストアップをする予定があるなら
ブローオフバルブは必須のアイテムといえます。

 

ブローオフバルブは一般公道では意味がない!?

 

ブローオフバルブを取り付けると車検に通すならターボの過給器圧を大気解放させてはいけません。

大気開放しないと派手な音もなりませんから
純正ブローオフバルブとほとんど変わらないといえます。

 

基本的に、ブーストアップをしてサーキットを走る人以外は
ブローオフバルブは不要だといえます。

だけど、エンジンルームの見栄えを良くしたいという人は
買っても良いんじゃないかなぁと思います。

 

そして、夢も希望もない話ですが・・・

 

僕は社外品のブローオフバルブを
実際に取り付けて走行をした経験がありますが
音以外に楽しめる要素は正直に言えば全くありません。

つまり、社外品のブローオフバルブの購入を検討しているなら
今一度あなたの車に本当に必要なのかじっくり考えてみてはいかがでしょう。

 

ブローオフバルブを取り付けるなら
プラグにも気を使うべきです。なぜなら、吸気効率や冷却効率、さらには
廃棄効率を良くしたところで肝心の添加効率を無視すると
エンジンパワーはフルに発揮できないからです。

プラグに関してはこちらのページで具体的に解説をしているので
よろしければ、読んでみてくださいね。

↓↓      ↓↓

実際にイリジウムプラグを取り付けた感想

 

車の買取を考えているなら一括査定サイトよりも
特定の買取店を選んだほうが良いでしょう。

 

・電話が大量にかかってくる

・個人情報が何故か漏れる

・昼も夜も関係なく電話がかかってくる

・面倒

 

一括買取査定サイトを利用するのは
以上のようなデメリットがあります。

 

しかし、査定も電話も1回だけで5000社もの買取店から入札され
高値で買い取られるならありがたいと思いませんか?

 

詳しくは、以下のボタンをクリックしてください。