車いじりに自信がないなら最初はバックランプ交換から!

 

初めて車をいじろうする場合は
最初は何から始めようかと悩むかもしれません。

そういう場合は、簡単に作業ができるバックランプ交換から
始めると良いでしょう。

 

 

ポイント

なぜなら、車のランプ交換というのは
車をいじる最初の一歩でもあり基本中の基本だからです。

しかし、普通にランプ交換をしても楽しめないので
できるなら「LED」に交換していきましょう。

 

 

初めて車をいじるという場合は
バックランプの交換から挑戦していくのも良いですね。

今回は、バックランプに交換するメリットとLEDのバックランプに交換をすると
車検に通らなくなるのかなどを紹介してきます。

 

バックランプをLEDに交換するメリット

 

バックランプをLEDに交換するメリットは
バックをするときに後方が明るく照らされるので
後方確認がしやすいというメリットがあります。

さらに、LEDに交換することで電気切れが少なくなります。

 

また、視認性も高いため交換をしても、別に損はないし
簡単に取り付けができるけど取り付けた満足感もあるといえます。

 

バックランプの交換をする場合の注意点

 

バックランプをLEDに交換するという場合は
一つだけ注意点があります。

それは、あなたの車のバックランプが
どのような形状の差込なのかを確認することです。

 

ポイント
理由は、バックランプが安いという理由だけで選ぶと
いざ取り付けようとしても差し込み口の形状が違っていて
せっかく買ってもバックランプが合わない可能性があるからです。

 

バックランプの種類は

 

  • T16
  • T20
  • S25

 

以上の3種類です。

 

この3種類の差し込みは全く形状が異なります。

なので、あなたが所有している車のバックランプが
どのような形状なのかを確認してから購入を決意したほうが良いでしょう。

 

 

たとえば、ミライースの場合は「T16」のバックランプで
差し込みが突き刺すタイプです。

販売されているLEDにも「T20」なら
パッケージに記載しているので迷うことはないでしょう。

 

 

実店舗に行って、どれが合うか分からない場合は
店員に聞いて選ぶほうが無難です。

ネットで買う場合は、あなたの車のバックランプが
どの種類なのかをネットで調べると良いですね。

 

 

検索では「車の型式 バックランプ」で検索すれば
車のバックランプの形状が分かります。

 

バックランプをLEDに交換すると車検に通らなくなる?

 

 

結論から言えば、バックランプをLEDに交換しても
全く問題はありません。

たいていの場合は、車検に合格することがほとんどです。

 

 

ポイント

ただ、バックランプの明るさには制限がないですが
ほかの交通の妨げになる場合は車検には通りません。

しかし、僕はバックランプをLEDに交換をしていますが
車検に通らなかったことは一度もありませんでしたよ。

 

 

つまり、初めて車をいじるならバックランプを
手始めにLEDなどに交換をしてみることが良いということです。

なぜなら、テールランプを外して
ランプを交換するだけなので比較的作業が簡単だからです。

 

なので、車いじりをしたいと思って何をすれば良いか迷っているなら
とりあえず、バックランプをLEDに交換してみてはいかがでしょうか。

もし、車いじりに自信が持てないなら
こちらのページで知識の深め方を紹介しているので読んでみてくださいね。

↓↓   ↓↓

車いじり初心者が知識を深めるための5つの方法とは?

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ