理想の洗車をするべき頻度とは?【99%の人が間違っている洗車方法】

 

「今の車は洗車なんて不要だよ」

「塗装が痛むから1年に一度のほうが良い」

「毎週、洗車に行っています」

 

というように、人によって考え方は様々です。

僕は新車でも中古車でも週に1度は
洗車に出かけています。

 

ただ、洗車をするといっても新車の場合は
水洗い程度でカーシャンプーやワックスがけまではしません。

なぜなら、新車の場合は
そこまでしなくてもきれいなボディになるからです。

 

ですが、中古車の場合は前のオーナーが
全く洗っていない可能性が高いため
少し念入りに洗車をしています。

だけど、中古車でも新車と同じくらいキレイな車なら
水洗い程度で完了させます。

 

さらに、色によって洗車をする頻度も変化します。

たとえば、シルバーの色をした車なら
ボディの汚れが目立ちにくいので
僕は半年に一度くらいしか洗車はしないですね。

 

だけど、黒い車の場合は週に1度は洗車します。

理由は、すぐに汚れが目立ち
古臭く感じるからです。

 

つまり、他人がどう思おうが自分が
車をキレイにしていないと落ち着かないというのが本音です。

 

今回は、洗車の頻度はどれくらいが良いのかや
洗車をしすぎると塗装がくすむのかどうかや
洗車を全くしない車は塗装が痛まないのかなども解説していきます。

 

洗車をしすぎると塗装がくすむって本当?

 

はっきり言って、ウソです。

 

理由は、僕が所有しているミライースは
当時5年落ちで購入した車です。

前のオーナーは車購入から全く洗車をしたことがないらしく
購入当初は、驚くほど車が汚かったし水垢だらけでした。

 

しかも、中古車として展示されていた時から
隣同士に並べられた同色のミラースと比較しても
お世辞にも美しい車とは言えなかったんですよね。

とはいえ、そのおかげで当時にしてみれば
破格の値段で買うことができたのでラッキーと言えばラッキーですけどね。

 

今でも十分色がくすんでいますがコーティングをして
毎週洗車をしているので光沢が若干よみがえったように思えます。

さらに、新車から洗車をしたことがない車は
水垢がびっしりとこびりついているので
塗装に良いとは言えないのではないでしょうか。

 

そして、何年も洗車をしていない車は一番重要なヘッドライト部分も
膜のようなものが付き始め黄ばみ始めていきます。

都会では街頭などで明るいですが
ヘッドライトが黄ばんでいると田舎の真っ暗な道が見えにくいのです。

 

ものすごく水垢が目立つ色とは?

 

いろんな車に乗り換えてきた経験から言わせていただければ
水垢が目立つ色は「白」です。

他にも水垢が目立つ色はあると思いますが
僕が乗ってきた中では「白」が一番目立ってました。

 

現在は黄色のボディをした車に乗っていますが
それでも水垢は目立っていますね。

僕は周囲の目は気にしないほうですが
自分の手が汚れるのが嫌だし洗車していない車というのは
ドアに触っただけで手が真っ黒になりますからね。

 

とはいえ、僕の経験ですが
水垢や汚れが目立つのは白でした。

逆に汚れが目立ちにくい車はシルバーでした。

 

新車は洗車機にかけないほうが良い?

 

車の塗装技術は昔に比べて格段に向上しています。

さらに、洗車機も一昔前のように
傷をつける素材は一切使われていないので
車に傷がつくということはほとんどありません。

 

なので、新車でも洗車機に入れても
全く問題ないといえます。

それでも、気になるという人は
手洗い洗車をお勧めします。

 

屋内駐車と野外駐車の塗装面の違い

 

毎週洗車をする人の気持ちが理解できない

車を大切にしているから洗車はしない

 

日本も広い国のようで
中には、このようなお考えの人もいらっしゃいます。

僕は自分の車が大好きで、せっかく高いお金を出して買ったので
とても大事にしようと思っているのです。

 

そんな僕からすれば、洗車を一切しない人のほうが
車を大切にしていないように思えます。

なぜなら、水垢や黄ばみまくったヘッドライトすら
全く気にしていないようにも思えてならないからです。

さらに、野外駐車をしている車の場合は
屋内駐車をしている車の塗装よりも劣化しやすいのです。

 

これは、洗車をしているしていないにかかわらず同じように劣化していきます。

たとえば、雨風にさらされたままの車の塗装は
シミが多くなっていることが多いです。

 

理由は、雨が降った後にボディについた水滴が
太陽光によってレンズの役目をし塗装面を焼くからです。

ですが、このようなシミは1か月くらいなら
簡単に取ることができます。

 

しかし、年数が経過するにつれて取れにくくなっていくんです。

さらに、多くの人は洗車と言えばボディのみに意識を集中しがちですが
僕の場合は、ヘッドライトをキレイにする事に力を入れています。

自分の考えを他人に押し付ける気は全くありませんが
やっぱり、ヘッドライトがくすんでいると夜中の真っ暗な道が
かなり見えにくいのでピカピカにして、黄ばみができないように心がけています。

 

また、ヘッドライトの黄ばみをスッキリと落そうという場合は
シュアラスターの「ゼロリバイブ」がおすすめです。

なぜなら、僕が過去に乗っていたH15年式ミラのヘッドライトが
かなり黄ばんでいたのを「ゼロリバイブ」でキレイに落とすことができたからです。

 

実際に使用した時の比較はこちらです。

↓↓   ↓↓

 

若干ですがゼロリバイブを使用した後のほうが
黄ばみが薄くなっています。

ヘッドライトの黄ばみをスッキリクリアにしたいなら
一度使ってみてはいかがでしょうか?

↓↓    ↓↓

SurLuster(シュアラスター)ヘッドライトクリーナー ゼロリバイブ 70ml S-104

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ