関西のスタッドレスタイヤ交換時期とはいつ?

 

冬に近づいてくると車の運転で一番気になるのが
冬用のスタッドレスタイヤの交換」ではないでしょうか。

関西では、余り雪が積もらない地域もあるので
スタッドレスタイヤに交換をするという人は
圧倒的に少ないかもしれません。

 

しかし、いきなり雪が積もるという事もあるので関西なら
大体「11月」からスタッドレスタイヤに交換をする人がいるようです。

だけど、同じ関西地区に住んでいるのに
スタッドレスタイヤに交換をするタイミングというのは
人によっては全く違うのです。

 

また、車で移動するシーンによっても
スタッドレスタイヤに交換するかしないかも意見が分かれるでしょう。

今回は、スタッドレスタイヤに交換するかしないか又は
スタッドレスタイヤからサマータイヤに
交換するタイミングはいつなのかも紹介していきます。

 

スタッドレスタイヤの性能を100%引き出す方法

 

冬のドライブにはスタッドレスタイヤが必要になります。

実は、スタッドレスタイヤに履き替えるタイミングというのは
余り知られていないことが多いようです。

 

たとえば、急な雪に見舞われてしまい慌てて
スタッドレスタイヤを買って夏まで履き続けるという人もいるでしょう。

実際に、タイヤメーカーに勤める人から聞いた
スタッドレスタイヤの性能を効果的に引き出す方法を
少しまとめてみることにします。

スタッドレスタイヤの性能を100%引き出すためには
まず、時速60km/hで200kmほど、慣らし走行をするのが良いです。

理由は、タイヤ表面の油や汚れを取り除くためでもあり
路面と密着している「トレッド面」を均一に接地させることができれば
スタッドレスタイヤの性能をフルに発揮できるからです。

 

スタッドレスタイヤの理想的な交換時期とは?

 

タイヤのトレッドとはタイヤの構造のうち
地面と接触している部分を言います。

つまり、タイヤに溝がある部分が「トレッド面」と言い
溝を「トレッドパターン」と言います。

 

そして、スタッドレスタイヤに履き替える場合は
雪が降りだす1か月前が目安になります。

さらに、関西では10月~11月までには
スタッドレスタイヤを買って履き替えるようにすると良いですね。

  • 外気温が7℃
  • または地域の「初雪の時期」の前

 

実は、外気温が7℃というのはサマータイヤと冬用タイヤの
タイヤの特性に関係しています。

なぜなら、夏用のタイヤというのは7℃を下回ると
ゴムが硬くなりやすいからです。

 

さらに、スタッドレスタイヤは7度を下回ると
性能を発揮しやすくるという特徴があります。

また、温度が7℃を下回ると突然大雪が降り
雪が積もることがあります。

 

確かに、関西地方では地域によっては
雪はほとんど積もらない場合もあるでしょう。

しかし、兵庫県北部や京都などでは
雪が積もる可能性もあるのです。

 

また、雪が積もらなかったとしても
道路が凍結するという事も考えられます。

つまり、外気温が7℃になった時点でスタッドレスタイヤに
交換を検討するか11月になったらスタッドレスタイヤに
履き替えるかのどちらかという事になります。

 

また、タイヤのサイズもしっかりと確認しないと装着できないので
こちらのページではタイヤのサイズの見方について解説をしているのでご確認ください。

↓↓      ↓↓

夏用タイヤが最も安い時期と製造年月日の見方

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ