メンテナンスノートによって個人情報が洩れている?!車売却時の管理方法

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

車を売却するときに色々な書類が必要ですが
車検証や自賠責保険証などは個人情報が記載されています。

中古車を買った経験がある人は分かると思いますが
たまに、前のオーナーの名前や住所が記載されたまま
車検証入れに保管されていることがあるのです。

 

私は何台か中古車を乗り換えてきた経験がありますが
ほとんどの中古車に前のオーナーの個人情報が保管されたままでした。

今回は、車を売却するときにやっておきたい
個人情報が漏れない方法を紹介していきます。

 

そもそもメンテナンスノートとは?

メンテナンスノートとは、車の点検をした記録を
記載していくノートのことです。

車を売却するときに誰が見ても
どういう状態の車なのかがだいたいわかるようになっています。

 

つまり、メンテナンスノートは法定点検のタイミングで
整備士がどんな整備をしたのか記録をするためのノートです。

ただ、メンテナンスノートには
個人情報も記載していることがあります。

 

車の売却後は販売店以外に車検証などで個人情報が洩れている!?

中古車販売店では個人情報を外部に漏れないように
適切な処置をとっている場合があります。

ですが、一部の中古車販売店では個人情報を
適切な方法で管理していない場合があります。

私が買ったミライースは中古車ですが
前のオーナーの個人情報が外部に漏れています。

つまり、前のオーナーの個人情報が記載された
車検証のコピーが車検証を入れているケースに保管されていたのです。

 

通常は、「個人情報保護法」に抵触しないように
車を買い取った業者は元の所有者の個人情報が
次の所有者に知られないように対策をするものです。

そのためには、業者が買い取った車は業者名義に一度して
元の所有者名を次の所有者に知られないようにします。

 

確かに、こういう対策にはお金が多少必要になりますが
それを惜しむ業者も少なからず存在しているのは事実です。

 

車検証や自賠責の個人情報は「個人情報保護法」と関係ない?

少なくとも、ディーラーのホームページでは
「個人情報保護法」と関連性があるという事が記載されています。

ヤフー知恵袋では、素人判断で不要だという人が多いですが
実際にプロから聞いた話でもないので、あてにはできません。

 

当ブログも誰が書いているか分からない状態なので
同じく信頼できないでしょう。

以下のページでは、ディーラーのホームページで
個人情報について記載していたのでチェックしてみると良いでしょう。

↓↓     ↓↓

札幌の中古車ディーラー|札幌ホンダ株式会社

 

メンテナンスノートから個人情報を漏らさない方法

車を売却するときに個人情報を外部に漏らしたくない場合は
メンテナンスノートを自分で破棄するという方法があります。

メンテナンスノート本体まるごと破棄する場合は
色々なデメリットがあります。

 

価値がないという車の場合は
気にせず破棄しても良いかもしれません。

他にも、メンテナンスノートに自分の個人情報が記載しているページは
全て切り取るという方法もあります。

自分の個人情報が記載しているページを切り取ることで
次の所有者に自分の個人情報を知られることはほとんどなくなるでしょう。

 

個人情報を漏らさないように業者に頼む方法

個人情報を漏らされたくない場合は
業者に頼み込むという方法があります。

私のように中古車を買った後に、自宅でどういう整備をしてきたのか
メンテナンスノートをじっくり見る人もいるので
個人情報は徹底して外部に漏らさないように対策をしてもらう必要があります。

 

業者によっては個人情報部分を黒塗りにするケースもあるのですが
元の情報は透かして見ると見えてしまうことが多いかもしれません。

やはり、黒塗りにされていると何が書いているのか
気になる人は多いですから、個人情報は切り取ったほうが良いでしょう。

 

買い取り業者は信頼できる業者を選ぶべき!

実際に車を売却する場合は買い取ってもらう業者に
個人情報の取り扱いについてはっきりさせたほうが安心できます。

買い取り業者や中古車販売店によっては個人情報の対処法を
マニュアル化している場合が多くホームページでも取り扱いについて
記載していることが多いのではないでしょうか。

個人情報の取り扱いについて、はっきりさせてない業者については
担当者に質問したほうが良いでしょう。

それでも、個人情報の保護に関して
疑問を感じるならほかの買取業者に買い取ってもらうほうが良いでしょう。

 

車を売った後の個人情報が洩れる最悪な状態とは?

中古車を買うときに最近はカーナビも
最初からついていることがあります。

元の所有者が取り付けたまま売ったのでしょうけど
メモリから自宅情報を消去していない中古車を買ったことがあります。

 

その気になれば、カーナビを使って元の所有者の自宅まで
車で行くことも可能な状態です。

車検が切れている状態なら自賠責保険も名義変更が必要になるので
次のオーナーに個人情報が洩れる心配はありません。

 

ですが、そこまで徹底しておいて
カーナビのメモリを消去するのを忘れては元も子もないでしょう。

車を売ってすぐに引っ越すなら問題ないでしょうけど
そうではない場合は、車を売るときはカーナビのデータも
消去するのを忘れないようにしましょう。

 

中古車販売店によっては個人情報の取り扱いが違う?

中古車販売店によって個人情報の取り扱いは
かなり違っているようです。

もちろん、各中古車販売店はユーザーの個人情報を
しっかりと管理し守っているでしょう。

ですが、中古車の業者団体で個人情報の管理方法について定められていた李
統一のガイドラインはありません。

大手の買い取り専門店では独自のルールがあり
個人情報が外部に漏れないように徹底している店舗もあります。

 

買取店によっては元の所有者の個人情報の部分を
黒く塗りつぶしたり切り取ったりしているケースもあります。

カーナビに関しても、データを消去して次の所有者に売る店もありますが
自分でもデータは消去しておきましょう。

 

メンテナンスノートがないと買取価格は下がる?

結論から言えば、メンテナンスノートがないだけで
買取金額は下がります。

メンテナンスノートというのは車の状態を把握するために
とても大切な書類です。

 

次のオーナーが車の状態を分かりやすくなるので
メンテナンスノートがあるのとないのとではかなりの差があります。

もちろん、メンテナンスノートがなくても
車の売却は可能です。

 

たしかに、メンテナンスノートによって個人情報が
次の所有者に漏れてしまいます。

しかし、個人情報の部分だけを切り取れば
メンテナンスノートを残したまま売っても問題は全くないでしょう。

メンテナンスノートには点検記録簿だけではなく
メーカーの保証書も付いています。

保証書が残っていないと保証内容をはっきりさせために
車台番号や年式から保証内容を調べる手間が必要になるのです。

 

そうした手間が発生するのでメンテナンスノートがないと
査定額が大幅にダウンしてしまうということになります。

個人情報は切り取るという対策もできるので
車を売却するときはできる限りメンテナンスノートは
用意しておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

  • 車には個人情報がたくさん積んでいる
  • 個人情報の取り扱いは中古車販売店によって色々
  • 個人情報を漏らしたくないなら情報部分を切り取ると良い
  • メンテナンスノートがないと買取金額が下がる

 

車には個人情報がたくさん積まれていて
下手をすると外部に個人情報が洩れる危険があります。

メンテナンスノートや自賠責保険証などには
個人情報が記載しているので買取をするときは
必ず、個人情報の取り扱いについてはっきりさせたほうが良いでしょう。

 

また、個人情報の取り扱いについては
中古車販売店によっても違います。

場合によっては、次の所有者に個人情報を知られる危険があります。

個人情報の部分を切り取っておけば
かなり安心できますしメンテナンスノートごと
破棄する必要はなくなるので買取値段も高くなます。

 

基本的に、メンテナンスノートがないと
買取値段が下がるので用意はしておきたいところですね。

車の買取に関して安心できる業者を
以下のページで紹介しているので参考にしてみてくださいね。

↓↓     ↓↓

〇ー〇ー〇〇〇という買取店の口コミや評判は本当!?トラブルはない?

 

車の買取を考えているなら一括査定サイトよりも
特定の買取店を選んだほうが良いでしょう。

 

・電話が大量にかかってくる

・個人情報が何故か漏れる

・昼も夜も関係なく電話がかかってくる

・面倒

 

一括買取査定サイトを利用するのは
以上のようなデメリットがあります。

 

しかし、査定も電話も1回だけで5000社もの買取店から入札され
高値で買い取られるならありがたいと思いませんか?

 

詳しくは、以下のボタンをクリックしてください。