事故車買い取りタウとハイシャルを徹底比較

 

事故車買い取り業者はたくさんありますが
その中で評判が良い買取業者「タウ」と「ハイシャル」を
徹底的に比較をしていきます。

ハイシャルもタウも廃車を買い取ってもらえますが
一体どちらの買取業者のほうが良いのかを客観的な視点で比較します。

 

まずは、「タウ」のほうの特徴やデメリットを紹介していきます。

 

事故車買い取りタウの特徴

 

買取専門業者のタウはどんな車でも買い取ってくれます。

たとえば、事故で動かなくなった車でも
タウは高値で買い取るというケースもあるようです。

 

年間50,000万台以上も買取をしている実績があり
平均買取金額は27万円と、そこそこ高い金額だと感じます。

他社で査定金額が出なかった車でも
タウなら買い取ってもらえるという場合もあるようですね。

 

タウは、バスやトラックなども買い取ります。

さらに、台風や水没した車でも高価買取をするケースもあり
あなたが「ゴミ」だと持っているような車でも
タウでは高価買取をする可能性だってあるという事ですね。

 

タウは、出張査定や名義変更などやレッカー代など
全て無料で対応してくれます。

なので、動かなくなった車に関して
困っているならタウに相談をしてみるのも良いですね。

 

さらに、年中無休なので平日は忙しい場合は
休身の日に車を引き取ってもらうことも可能です。

 

事故車買い取りタウのデメリット

 

タウは、どんな車でも買取をしますが
年式が古すぎる車に関しては高値で買い取れないこともあります。

また、21店舗と数が少ないため引き取りに来てもらう地域も
限られてしまうこともあります。

 

もちろん、年式が違う車の場合は買取値段も違ってきますが
場合によっては年式が古くても高く買い取ってもらえるケースもあります。

 

ハイシャルの特徴

 

ハイシャルもタウも車買取業者で、どちらも廃車を買い取ってくれます。

ハイシャルの場合は事故車や動かなくなった車でも
高く買い取ってもらえることもあります。

 

ハイシャルも年中無休で休日しか車を引き取れないという人には
うれしいシステムだと感じます。

また、レッカー代や他の手続きも代わりにしてくれますが
全て無料だというのはタウと同じですね。

 

ただ、ハイシャルの場合は日本全国に店舗があるため
どの地域でも引き取りは可能なのです。

ハイシャルでは事故車でも動かない車でも買い取りますが
年式が新しい場合は高額で買い取られることもあります。

 

ハイシャルのデメリット

どの買取業者も同じですが年式が古い車の場合は
高く買い取られないことが多いです。

しかし、ハイシャルは海外にも販売しているため
日本で不人気車であっても海外で人気の車なら
高く買い取ることもあります。

 

他にも、過走行車や低年式車も買い取られますが
そういう車の場合は部品取り者として販売されるケースが多いようです。

 

まとめ

 

タウとハイシャルは基本的に車買取業者ですが
どちらもメリットデメリットがありました。

タウの場合は店舗数が少ないので車を買い取れる地域が限られます。

 

逆に、ハイシャルの場合は全国に店舗があるので
どこでも車を買取に出張査定が可能なようです。

車買取には一括査定というものがありますが
複数の業者から電話がかかってくるのが嫌だという場合は
ハイシャルかタウに査定を依頼してみると良いでしょう。

 

ハイシャルの口コミは以下のページで紹介しているので参考にしてみてくださいね。

↓↓      ↓↓

ハイシャルを実際に使った人の良い口コミと悪い口コミ

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ