買取査定金額はどの業者も同じなんて嘘!?査定金額が違う理由

 

車の査定を考えた時にネットで一括査定をするか
それとも、直接業者に持ち込むか迷うところですよね。

実は、買取業者に直接持っていくことには
メリットとデメリットがあります。

 

ネットで一括査定をするか持ち込みをして査定をしてもらうか
良い選択をするためにも、今回は持ち込み査定についても重点的に紹介します。

この先を読むことで以下の疑問を解消することができます。

 

・買取業者に車を持ち込むメリットデメリット

・ネットで一括査定をしてもらうのに意味があるのか

・買取金額はどの業者も違うという事

 

それでは、車を買取業者に持ち込んで
査定をしてもらうメリットデメリットを紹介しますね。

買取業者によって査定金額が違う理由

買取業者の査定金額はどこも同じ

そのような事を聞いたことがあります。

 

ですが、実際は複数の買取業者に依頼すると
同じ年式で同じ車種でも大きな差が生まれることはよくある事です。

 

買取業者ごとに査定金額が違うのは「本気度の違い」しかありません。

たとえば、持ち込みで買取査定をしてもらう場合は
大抵、最初は安い金額を提示してきます。

 

これは、相手の様子をうかがうための策略で
相場を知っているかどうかを知るためのノウハウのひとつです。

しかし、ネットで一括査定をしてくるお客さんの場合は
ネットで相場を調べている可能性が非常に高いです。

 

相手の様子をうかがう戦略は最初から通じないので
やらない場合がほとんどでしょう。

さらに、人気車種や海外で人気の車種は積極的に買い取られる場合が多く
買取業者によっても値段が異なるという事になります。

 

海外に販売網を持たない買取業者の場合は海外で
人気の車種でも安く買い取ります。

しかし、海外にも販売網を持っている買取業者なら
海外で人気のある車種は高値で買い取るという事になりますね。

 

さらに、車のリサイクル業者にも販売しているという買取業者は
年式が古くても部品のほうに人気が集まっているなら
そういう車種は高く買取ってもらえるのです。

 

査定金額が違うといっても数万程度では?

 

とんでもありません!

 

買取査定金額に差が開くときは数十万の差が出ることもあります。

なので、車を買取業者に持ち込むのは走行距離が増えるだけで
愛車の価値をドンドン下げていく行為なのでやめたほうが良いと感じます。

車を買取査定業者に持ちこむメリット

・その場で査定をしてもらえるのですぐに金額を知ることができる

・納得できる金額ならその場で買い取ってもらえる

・査定は30分くらいで完了する

・予約は不要

 

車を買取業者に持ち込んで査定をしてもらうメリットは
その場ですぐに査定をしてもらえるという事です。

たとえば、直接ガリバーに車を査定してもらうために持ち込んだ場合は
事前に予約をしていなくても、すぐに査定をしてもらえます。

 

すぐに愛車の買取価格が分かるので
納得できる金額ならその場で買い取ってもらう事も可能です。

また、査定と売却が同時なら時間短縮と労力は少なくて済みますよね。

車を買取査定業者に持ちこむデメリット

・足元を見られやすい

・来店する人は相場を知らないことが多いので安く見積もられる

・色んな買取業者の梯子は時間とガソリンの無駄

 

車の買取業者に持ち込んで査定をしてもらう場合は
足元を見られることが多いです。

筆者も、買取業者に持ち込んで査定を依頼したことがありますが
適当に査定され「120円」と言われたこともあります。

さらに、わざわざ車を買取業者に持ち込むわけですから
それだけ売却意欲が強いと思われます。

結果的に、今すぐにでも売りたいという心の声が
相手に伝わってしまうので足元を見られてしまう可能性が高くなるのです。

 

そもそも、買取業者に持ち込む人というのは
ねっとで愛車の買取相場は知らない事が大半です。

買取相場も意識していない場合は金額を提示しつつ
様子を見られて何も知らないと判断したところで
安い値段で買取の話を進められるでしょう。

 

さらに、ある程度の査定金額を提示されても
それが安いのかどうかが分からないので口車に乗せられやすいといえます。

買取業者にとっては「思い込みをする人」は絶好のカモです。

 

思い込みをする人は、買取業者側からすれば
古い車だからとか色々と言えば信用してくれるし
相場よりも安く取引しやすいのです。

複数の買取業者に車を持ち込むのは無駄?!

 

一つだけの買取業者に査定をしてもらう行為は
持ち込みの場合でも高く買取ってもらいにくいといえます。

なので、他の買取業者にも出向く必要があります。

 

ですが、何件も回るのが面倒で時間も惜しいという場合で
最初の買取業者に「買い取り不可能です」といわれるとどうでしょうか。

それはもう、別の買取業者に行って
査定をしてもらうしかないですよね。

 

基本的には、H15年式のミラでも2万円で買い取る業者もあり
値段が付かないと言う業者は少ないのです。

H30年現在で言えば、15年前の車でも2万円の買取をしてくれるのです。

 

そもそも、15年前の軽自動車が2万円で買い取ってもらうためには
複数の買取業者とコンタクトを取り競合させるというような
大変な苦労が必要な場合が多いです。

長年キレイに乗りメンテナンスもしっかりとしてきた車の場合なら
少しでも高値で買い取ってもらいたいと感じます。

 

少しでも高く買取ってもらうためには複数の買取業者を回り
査定をしてもらうしか方法はないのです。

結論を言えば、買取業者に車を持ち込むという行為は
それこそ走行距離を増やしてしまうので査定金額はドンドン低下していきます。

 

たとえば、1か月前は10万円で買い取ってもらえたはずなのに
1ヶ月間、複数の買取業者を回り走行距離を増やしたので1万円の価値しかなくなる。

そういうケースは本当にありますよ。

ネットで一括査定をしてもらうと時間短縮できる

ネットでの一括査定と言うのは自分で車を
買取業者に持ち込まなくて良いので
それだけ時間を短縮できます。

一括査定をネットですれば足元も見られにくいのです。

 

理由は、ネットで申請をしてくるくらいだから
買取相場くらいは知っている可能性が高いと思われるからです。

また、買取業者が買い取った車を販売するのが海外だったり
リサイクル部品を取り扱う専門業者に販売する場合は
年式が古くても高く買取られることもあります。

 

ネットでの一括査定の場合は基本的に0円で買い取られることは少ないです。

最初から複数社に見積もりを依頼することができるので
わざわざ、時間を割いてまで買取業者を回る必要がありません。

 

時間と日にちさえ決めれば業者からきて査定をしてくれます。

もし、買取業者巡りをする時間もなければ
そういうガソリン代も惜しいというなら一括査定は最適と言えます。

 

走行距離を無駄に増やす行為も車の価値をドンドン下げるので
ネットで一括査定をしたほうが良いといえます。

まとめ

基本的に、車買取査定は自分で持ち込むのは走行距離を増やすだけなので
ほとんどメリットはないといえます。

しかも、自分で買取業者に車を持ち込み査定をしてもらうことで
足元を見られてしまうデメリットを考えると一括査定を利用したほうが良いといえますね。

 

本当に今すぐに買い取ってもらわないと困るという場合は
自分で買取業者に車を持ち込んで査定をしてもらうべきです。

でも、どこよりも高く買取ってもらいたいという場合は
ネットで一括査定をしてもらうほうが良いといえますね。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ

最初のコメントをしよう

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)