アルミペダルを取り付けたら車検に通らない理由

 

ドレスアップ目的でアルミペダルを取り付ける人は多いでしょう。

アルミペダルを取り付けると
アクセルやブレーキなどを手軽に
スポーティーに演出してくれます。

 

しかも、アルミペダルはアクセル操作などやブレーキ操作などにも
ちゃんと貢献してくれるのでスポーツ走行をするときには
必須アイテムのひとつとなりますね。

 

アルミペダルは車検に無関係なものだと思ってませんか?

アルミペダルの形状によっては
車検に通らないこともあります。

たとえば、形状が純正よりも明らかに大きいペダルや
しっかりと取り付けられていないペダルなどはNGです。

 

確かに、アルミペダルは保安基準の規定は定められていません。

しかし、極稀に検査官から「ブレーキペダルがやたらでかい」など
そのような指摘を受けることもあります。

 

そうなると、車検には通らないので
ちゃんと直す必要があります。

しかも、怪しい車だと思われたら集中的に細かい部分まで
チェックされるので注意が必要です。

 

 

アルミペダルには規定はありません。

でも、だからと言ってどんなアルミペダルを
取り付けても良いということではありません。

 

アルミペダルは基本的にどれでも車検対応品のはず!?

 

アルミペダルはサイズがあり
取り付ける車専用のものでないと車検に通らないことがあります。

なので、取り付けを行う車に合う
アルミペダルを取り付けるようにしましょう。

 

さらに、アルミペダル自体がほかのペダルに当たることがないように
しっかりと固定して運転に支障を与えないことが誰の目にも明らかなら
車検に通らないということはまずありません。

つまり、アルミペダルを取り付けたら車検に通らないケースは
アルミペダルがしっかりと取り付けられていない場合や大きすぎる場合です。

 

立ち合い車検のホリデー車検では
そうした細かいチェックはほとんどないので
ある程度の車なら車検に通ってしまいます。

一度ホリデー車検に相談をしてみるというのも良いですね。

↓↓      ↓↓

車検についてよくある質問

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ