掃除が楽で人と違う車の汚れ防止マットの選び方

基本的に、車のフロアマットの役目とは
靴に付着した土などや食べたものが落ちたときなど
車内が汚れないようにするためのものです。

また、荷物や靴などが滑らないようにするという目的もあります。

 

フロアマットには色んなデザインがありますが
この部分を変えることでも車内の雰囲気はガラッと変わりますよ。

また、素材によっては洗いやすいマットや
掃除しにくいマットがあります。

 

車は外で使うので外装も内装も汚れるのは当然ですが
やっぱり、きれいな状態を維持したい人は多いはず。

とくに、室内は体に直接触れる部分もあるので
清潔にしておきたいというのが正直なところでしょう。

 

さらに、他人を車に乗せるというケースも考えれば
車内はキレイにしておいたほうが良いという場合もあります。

今回は、フロアマットの種類と種類別の
メリットデメリットを紹介していきます。

 

一番掃除しやすい車のフロアマットとは?

 

フロアマットには「ゴム製」「布製」の
2種類のフロアマットがあります。

それぞれのマットにあるメリットデメリットを紹介していきますね。

 

ゴム製・プラスチック製のフロアマットのメリット

 

・値段が安い

・車種を選ばない

・水洗いだけでもきれいになる

・泥や砂が簡単に落ちる

・掃除しやすい

・防水性があり雨の日に車内の床など水濡れを防げる

 

 

ゴム製とプラスチック製のフロアマットは
同じようなメリットとデメリットがあります。

ゴム製のフロアマットは値段がとても安いので
新車でフロアマットを買わないでゴム製のフロアマットを買って
敷いているという人も多いのではないでしょうか。

 

 

ゴム製フロアマットの値段は「700円~2000円」までで
大手カー用品店で販売しています。

また、車種専用設計がされていないので
車種を選ばないのも魅力のひとつです。

 

新車を買う場合にフロアマットも一緒に買う人もいるかもしれませんが
僕が新車を買う場合はゴム製のフロアマットを買って敷きますね。

なぜなら、メーカーオプションのフロアマットは
値段が高いのでゴム製のフロアマットを買うほうが
いくらか値段を安く抑えられるからです。

 

純正のフロアマットの値段で、他の純正オプションを買ったほうが
何となく良いようにも感じることも良くあるのです。

話を戻しますが、フロアマットのゴム製は水洗いも可能で
タオルなどで拭いたらすぐに乾くという特徴もありますね。

ゴム製やプラスチック製のフロアマットは
掃除しやすいし砂や泥なども
払い落としたり水洗いをしただけでキレイになります。

 

なので、とても掃除がしやすいですよ。

筆者もゴム性のフロアマットを敷いていますが
特に雨の日などはとても活用的に感じます。

 

なぜなら、マットの下が水によって濡れないからです。

そう考えるとゴム製のフロアマットは
メリットが大きいと感じますね。

 

ゴム製・プラスチック製のフロアマットのデメリット

・見た目が安っぽくてシンプル

・バリエーションが少ない

・数日するとマットがズレている

 

ゴム製とプラスチック製のフロアマットは
見た目が安く感じて、とてもシンプルなデザインが多いです。

ゴム製・プラスチック製のフロアマットは
車内を汚したくないという人に最適なマットと言えます。

 

布製のフロアマットを汚したくないために
ゴム製のフロアマットを上に敷くという使い方も良いかもしれません。

布製のフロアマットと比較すれば
ゴム製のフロアマットはバリエーションがとても少なく
どれも同じようなシンプルなマットが多いですね。

 

つまり、ゴム製のフロアマットなどはデザインにこだわりがなく
車内を汚したくないとか水で濡らしたくないという人には良いと感じます。

また、車を使用している限りは
ゴム製のフロアマットはズレていきます。

 

運転に支障が出ないようにマットを正しい位置にしても
斜めになったりアクセルペダルのほうにズレてしまったりします。

だけど、そういうのはデメリットにならないと感じる人は
ゴム製のフロアマットを選ぶと良いですね。

 

布製のフロアマットのメリット

・デザインが豊富

・靴の汚れが落ちやすいので運転しにくいとは感じない

・靴が滑りにくい

 

布製のフロアマットのメリットは以上ですが
とにかくデザインが豊富で選び放題です。

場合によってはオーダーしてくれるショップもあるので
好きなデザインを選ぶことができるのも魅力ですね。

 

純正オプションでもフロアマットは販売していますが
とにかく値段が高いです。

フロアマットに車名が表示されているのが良いという人は
高くでも純正オプションを選ぶと良いですね。

 

でも、人と違ったデザインのフロアマットが欲しいと思う人は
社外品のフロアマットを選ぶのが良いですね。

社外品だからと言って車種専用品がないわけではありません。

 

しっかりと、車種専用に作られたフロアマットがあり
どれもちゃんと作られているので運転中にズレることはありません。

ただ、助手席のほうはフックが付いていないなら
マットがズレる可能性が非常に高いですね。

 

また、靴の汚れが落ちやすいので運転に支障は
全く出ないのが良いと感じます。

さらに、靴が滑りにくいのもメリットだと感じます。

 

とにかく、カッコいい又はかわいいフロアマットを求めているなら
布製のフロアマットを選ぶべきだと感じます。

 

布製フロアマットのデメリット

・小さな石が網目に入り込み掃除しにくい

・水洗いをするとなかなか乾かない

・デザインによっては汚れが目立つ

・いくらマットを叩いても砂埃がでる

 

布製のフロアマットは、小さな石が網目に入り込むと
かなり掃除しにくいです。

サイクロン式のハンディ掃除機で掃除をしても
なかなかキレイになってくれません。

 

また、水洗いをするとなかなか乾かないのが
布製のフロアマットのデメリットですね。

また、デザインによっては汚れが目立ちますが
黒っぽい色のデザインなら汚れは目立ちにくいようです。

 

筆者の経験で恐縮ですが、いくらフロアマットを叩いて
石などやほこりを落としても中々ホコリが取れないように感じます。

砂埃の煙みたいなのが何回叩いても出てきて
キレイになっているとは感じませんでしたね。

 

まとめ

 

フロアマットには「ゴム製」「布製」の2種類あります。

かわいいデザインやカッコいいデザインなどを求めているなら
布製のフロアマットを選ぶべきだと感じます。

 

また、車種専用設計で作られている布製のフロアマットが多く出回っているので
布製のフロアマットは選び放題だと感じます。

でも、布製フロアマットは水洗いをしても
すぐには乾かないのがデメリットとなります。

 

値段的にも純正オプションよりも安いので
あなたが気に入ったデザインをネットで探すという方法もあるので
買ってみると良いでしょう。

ゴム製のフロアマットの場合は水洗いをしてもすぐに乾き
砂や泥なども簡単に掃除ができてしまいます。

新車の時にフロアマットを買わずゴム製のフロアマットを買って
敷いていたほうが安いし防水されているので水によって
車内の床がぬれるという事はありません。

つまり、ゴム製のフロアマットは掃除を楽にしたいという人には
最適なフロアマットという事になります。

 

布製のフロアマットをキレイに洗う方法を
詳しく解説をしているのでこちらのページも読んでみてくださいね。

↓↓      ↓↓

運転席のフロアマットをキレイに洗うコツ

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ