LEDバックランプは車検に通らない?!

LEDバックランプに交換しようと思ったとき
ある不安が頭をよぎりませんか?

LEDをもし取り付けると車検に通るかなぁ?

そのような不安を解消するためにLEDバックランプは
車検に通るのかを検証していきます。

 

 

実際にLEDバックランプに交換をして
無事に車検に通ったという人もいれば
車検に通らず交換させられたという人もいます。

実は、バックランプには以下のような基準があります。

  • バックランプの色は白色である
  • 同時に点灯するバックランプの数は2個以下
  • バックランプが2個ある場合は、左右対称である
  • 後方75m離れたところから確認できるもの

 

つまり、LEDバックランプでも
上記の基準を満たしていれば車検に通ってしまうのです。

たとえば、バックランプの色を青色に変更すると
これは、車検に通りません。

 

でも、白色で後方75m離れたところから確認できれば
これは、車検に通ってしまうのです。

ただ、ここで注目してほしいのは
後方75m離れたところから確認できるもの」です。

 

 

逆に言えば、LEDの明るい光でも車検に通るし
基準に適合するということにもなりますよね。

 

 

まず、バックランプの適合色は白でないと
車検には通らないので注意してくださいね。

さらに、光の色を表す指標で「ケルビン」という単位がありますが
バックランプの場合は「6000ケルビン」が無難だといえます。

 

また、バックランプは1つか2つでなければいけません。

元々1つを2つにしても問題ありませんが
2つを3つにすると車検に通りません。

なので、左右対称のバックランプ2つか
1つだけのバックランプにしておくしか
車検に通る道はないのです。

 

ドレスアップ目的で1つだけのバックランプを2つにするとか
最初からオリジナルバックランプを作成するなら注意が必要です。

それは、上フチの高さが1200ミリ以下
下フチが250ミリ以上を守るということです。

 

 

そうでなければ、車検には通らないので注意してくださいね。

つまり、バックランプをLEDに交換をしても
車検は通るということです。

 

さらに、これからバックランプを
LEDに交換しようと思う人は
以下のページも参考にすると良いでしょう。

↓↓      ↓↓

バックランプの交換をする場合の注意点

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ

最初のコメントをしよう

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)