ドアミラーをブルーミラーに交換すると車検に通らない?!

町中を走行中に前を走る車のドアミラーを見ると
ブルーのミラーである場合が時々あります。

なかには、左右に曲がるときにドアミラーの鏡面部分が
指示器など点滅している車もあります。

 

はたして、このようなブルーミラーが車検に通るのか
ドアミラーの鏡面部分に指示器を点灯させるという製品は
違法改造車なのかや車検に通るのかどうかを紹介していきます。

また、ドアミラーをブルーミラーに交換しようと考えている人は
この記事を参考にしていただければと思います。

 

ドアミラーの鏡面部分をブルーに交換すると車検に通らない?

 

ドアミラーの鏡面部分をブルーの鏡面に交換すると
車検に通らない可能性があると説明する人もいます。

しかし、実際にはドアミラーの色などに基準はなく
歩行者が車に接触した場合にドアミラーが回転や脱落しやすく
衝突した時の衝撃が緩やかにさせる構造が保安基準に記されています。

 

さらに、ドアミラーに鋭い突起などがあると
当然ですが、車検には通りません。

また、保安基準では「後方を確認できること」と記されているので
ドアミラーに色がついていても後ろが確認できればそれでよいといえます。

 

だけど、色に関する基準はどこにも記されていないのです。

なので、ドアミラーの鏡面部分をブルーに交換しても
全く問題ないといえます。

 

 

しかも、ディーラーオプションでブルードアミラーが
販売されていることからブルーミラーは車検に通るといえます。

ですが、後方が確認できない濃いブルーミラーは
車検に通らない可能性もあるといえます。

 

たとえば、ブルーのミラーでも昼間に
明らかに後方を確認しにくいなら
車検には通らないと考えて良いでしょう。

でも、ドアミラーを見て確実に後方を見ることができるなら
そのミラーは車検に通る可能性が高いと判断できます。

 

ドアミラーの鏡面部分にウィンカーが埋め込んでいる製品について

 

次に、車が左右に曲がるとき、ドアミラーの鏡面部分に
ウィンカーが埋め込まれている製品は車検に通るのかを説明していきます。

ドアミラーの鏡面部分に指示器が埋め込まれている場合は
検査官によっては「これは違法改造」と判断する場合があります。

 

さらに、かなり昔の話ですが今主流になりつつある
ドアミラーのカバーにウィンカーが付いている車種は
違法改造車として車検に通りませんでした。

おそらく、その名残があるためではないでしょうか。

 

ですが、今はドアミラーカバー部分にウィンカーが付いている車種は
純正オプション又は標準でついているケースが多いですね。

今では、車検に通るような製品でも昔は通らなかったという事です。

 

しかし、ここまで書いておきながら何ですが
実は、ミラーウィンカーに関しての条文はありません。

つまり、ドアミラーウィンカーなどや
ドアミラーの鏡面部分に指示器が埋め込まれている製品は
第41条の2(補助方向指示器)の基準が適用されます。

なので、ディーラーで車検に通らないと断られても
フランチャイズの車検業者なら車検に通ってしまうケースが多いですよ。

 

補助方向指示器を後付けする場合の注意点

ワンオフ制作で自分で方向指示器を作り
車に取り付ける人は極めて少ないかもしれません。

ですが、ここでは自分で方向指示器を後付けしようと考える人に
注意点を説明していこうと思います。

 

まず、指示器の部分は「上縁の高さが2.1メートル以下」で
下縁の高さが0.35メートル以上」であり取り付け個数は
両側面ともに1個ずつで方向指示器と連動して点滅することと保安基準に書いています。

ディーラーオプションで取り付けられている
ドアミラーウィンカーは上記の基準をクリアしていることが多いです。

つまり、ミラーウィンカーはドアミラー鏡面部分に指示器と連動していても
これは「補助方向指示器」となるので本来は問題なく車検に通る製品なのです。

 

エアロドアミラーは車検に通る?

スポーツモデルの車種に乗っていると
どうしても取り付けたくなるのが「エアロドアミラー」です。

僕もこの製品を知った時に
自分の車に合うパーツはないか探したことがあります。

 

エアロドアミラーには、ドレスアップだけではなく
機能的な効果もあるのですが、細かい説明は抜きにします。

まず、エアロドアミラーは車検に通るのか?ということですが
結論としては、保安基準に記されている機能があれば問題ありません。

 

1.歩行者と接触した時にドアミラーが回転または脱落しやすいこと

2.ドアミラー形状に鋭い突起がないこと

 

以上の基準を満たしているエアロドアミラーなら
問題なく車検に通すことが可能となります。

さらに、ドアミラーの長さによって車のサイズが変わってしまうなら
構造変更の申請が必要となります。

しかし、ドアミラーによって車のサイズが変更されないなら
問題なく車検に合格してしまうでしょう。

それでも心配なら、市販されているドアミラーに
「車検対応」と記されている製品を買えば問題はないですよ。

 

ドアミラーの詳しい保安基準は
以下の「第44条の3」に記されています。

↓↓       ↓↓

後写鏡等の保安基準第44条

 

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ

最初のコメントをしよう

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)