消費税増を予測した車売却はお得?!【増税前の正しい車の購入方法】

消費税増額を予測した場合に考えられる
増税前の購入率は高くなると考えられます。

しかし、消費税増額前に車を売却し
新たに車を買うという行為は正しい事なのでしょうか?

 

この記事を読むことで消費税増額前に車を売り
新たに車を買う行為が本当にお得なのかが分かるようになっています。

2014年増税時と同じく駆け込み需要が予想される

2014年に増税されるときもいろんなものを買う消費者は
大変多く売り切れが多く出たことを思い出します。

車の値段も非常に高いですが「あの車に乗りたかった」という理由で
ローンを組んで購入を使用という人も増えてくるでしょう。

 

消費税増額前に余裕をもって計画を立て
車を買うという人の多くは増税前に買うケースが多く
ハイブリッド車を買う場合も1年も前から計画を立てておく必要があります。

実際に、筆者も消費税増額を前にして
フォルクスワーゲンのポロを買いました。

 

理由としては、増税が決定し消費税が上がった後に買うと
増税前よりも高い値段で買う事になるからです。

それが嫌で、早めに買おうと思いました。

 

また、契約から納車まで登録のための書類や準備が
2週間~3週間ほどかかることもあります。

しかも、人気のあるトヨタのアクアやプリウスなどは
生産が追い付かないとディーラーの営業マンがおっしゃっていました。

 

さらに、納車まで半年もかかるというので
早めに検討し契約をしたほうが良いといえるでしょう。

消費税増額前の駆け込み需要が原因で下取り値段が下落する!

消費税増額前の駆け込み需要が原因で下取りした多くの車が
オークションなどに出品されるのでオークション価格は値崩れする可能性があります。

なので、消費税増額前になると車の売却価格も通常の相場よりも
低い値段で取引されると予想されます。

 

なので、消費税が増額される直前か直後以外に
車を売却したほうが高い値段で買い取られる可能性が高くなります。

さらに、時間の経過などやフルモデルチェンジで車の価値が下がると考えれば
増税前に車を売るほうが良いという事になりますね。

 

つまり、車を売却するという場合は増税の2か月前に行い
新たに車を買うというのも増税前に行うのが一番だといえます。

消費税10%増額した後に自動車所得税は廃止される!?

 

実は、消費税10%に上がった後に自動車所得税は廃止されるのです。

確かに、自動車所得税が廃止されるのであれば
消費税増額後に買ったほうがお得な気もしますよね?

 

ですが、この問題は単純なものではないのです。

たとえば、エコカーなら自動車所得税がまともにかかっていないなら
自動車所得税というものはあまり関係ないのです。

 

理由は「エコカー減税」として時すでに
自動車所得税が無いようなものだからです。

一体どういう車なら当てはまるのかと言えば
エコカー減税の対象ではない車両なら関係があるし当てはまると考えられます。

 

なぜなら、エコカー減税が無い車を買うなら自動車所得税がが廃止されれば
その分安くなるので購入者にとってはうれしい限りだからです。

つまり、自動車所得税が廃止されてもエコカーなら
燃費基準によって、既に減税されているのであまりお得感が無いということです。

 

消費税が10%になり自動車所得税が廃止されても喜んではいられません。

理由は、自動車所得税が廃止されても
各車種の環境性能ごとに課税する新しい税金が導入されるからです。

なので、自動車を新車で買っても
何らかの税金が課税されるのでお得とは言い切れないのです。

消費税8%から10%に引き上げられ車購入価格はどう変化する?

 

次は、消費税が8%から10%に引き上げられて
車の購入価格はどのように変化するかを紹介します。

消費税10%に引き上げは「2019年10月」に予定されています。

 

確かに、消費税という金額も車購入時にのしかかってきますが
実は、それだけではありません。

たとえば、車を新しく買うときに「登録代行手数料」や「納車費用」なども
費用として計算されますが、そこにも課税されるようになります。

 

しかし、支払額は車の値段と比較して高くないため
あまり気にする人は少ないかもしれません。

ですが、車の登録費用も通常よりも支払額が増えるのは紛れもない事実と言えます。

新税「環境性能割」は軽自動車は増額!普通乗用車は減額?

実は、エコカーの乗用車なら猿臂性能が優れているため
一部の車両は税額が軽減されます。

ですが、多くの車は負担額が逆に増えてしまうでしょう。

 

軽自動車の場合は軽減の可能性は無くて
燃費基準達成に対する税額の設定が厳しくなるため
同じ税額か増税の可能性は高いといえます。

結局、車を買うのは増税前か増税後か?

そもそも、消費税が増額されるのは
わずか「2%」の違いでしかありません。

しかし、その「2%」の違いが車を買うという行為に
かなりの影響を及ぼすことになるのです。

 

全く同じモデルの車を買うとしても
購入するタイミングによっては数万円単位で値段が変わってくるので
真剣に車購入を検討するほうが良いといえますね。

さらに、消費税が増税される直前は駆け込み需要があるのですが
ディーラーも中古車販売店も商売なので販売する車を高く売ることを考えています。

 

つまり、販売業者が値引きをする時期というのは
値引きをしないと売れない時期という事になります。

逆に考えれば、放っておいても売れるという時期は
値引きを渋るという可能性が非常に高くなりますよね。

 

ということは、消費税増税直前となれば駆け込み需要が生じて
黙っていてもお客さんは向こうからきて車を買っていくので
「増税前に車を買おう」と思っている客に対し値引きをしなくても車を買ってくれるという事ですね。

なので、消費税増税直前での下取り値段や値引きは
余り期待できないという事になります。

 

だからこそ、車を売ろうと思っているなら
車が売れる時期ではなく売れない時期を狙うのが一番だという事になります。

車が売れない時期というのは車を買ってくれるお客さんは貴重なので
値引きは高くなる可能性もあるという事になります。

まとめ

車を本当に買いたいと思っているなら増税直前まで
のんびりと待つよりも十分に余裕を持ち計画を立てて購入するほうが良いでしょう。

ですが、近づく増税に対してこれだけは覚えておいてください。

 

車を買うなら中古車でも新車でも増税後ではなく
増税前に余裕をもって買うほうが絶対にお得であるという事です。

自動車所得税が廃止されて新税の「環境性能割」になります。

 

確かに、燃費基準値の達成によって
税金が安くなったり非課税になる可能性もあります。

しかし、それは厳しい基準値であって
かなり燃費の良い車じゃなければ税金は上がると考えられます。

 

たとえば、ハイブリッド車なら燃費が良いので厳しい基準もクリアするでしょう。

ですが、ハイブリッド車以外の車は
確実に税金が値上がりするといえます。

 

もし、車を買い替えるために買取査定を考えているなら
以下のサイトを利用すると良いでしょう。

↓↓  ↓↓

愛車を高く売るなら一括査定!1分で入力完了

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ

最初のコメントをしよう

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)