夏用タイヤが最も安い時期と製造年月日の見方

 

夏用タイヤが最も安くなる時期はあります。

どうして、このように言えるのかと言えば
超有名タイヤメーカーに勤めている知り合いが
今は夏用タイヤが安いぞ!」と言っているのを聞いたからです。

 

その筋10年のプロが言うことを信じて
夏用タイヤが最も安い時期を暴露していきます。

 

タイヤは値段が変動することは無いは嘘!

注:画像はスタッドレスタイヤです

 

素人が独断で書いたネット情報を見て
あなたは夏用タイヤに安い時期はないと思い込んでませんか?

実は、夏用タイヤは値段が変動する時期があります。

  • 12月・3月の時期
  • タイヤ販売店が決算時期で多く売りたい時

 

実際に、タイヤメーカーに勤める知り合いから聞いた話では
12月と3月が夏用タイヤが最も安くなっている時期と言っていました。

12月は冬用タイヤを売りたいタイヤ販売店が多く
なかなか売れない夏用タイヤは安い場合があります。

 

タイヤが最も安い時期はモデルチェンジ前の兆し

 

夏用タイヤに限りませんが特売というものは
どのタイヤでもあります。

たとえば、タイヤメーカーが新モデルのタイヤが
発売前になると今まで高いタイヤが安く販売されることもあります。

 

なぜなら、タイヤ販売店がメーカーから
モデルチェンジ後のタイヤをたくさん仕入れて
早く古いタイヤを売りさばきたいからです。

こうした理由から「夏用タイヤに安い時期はある」ということが言いきれます。

 

さらに、大手カー用品店で「タイヤ〇本限り!ホイールセット」などと
アルミホイールがついているのにもかかわらず激安で販売していることも
某大手カー用品店で時期が来るとよく見かける光景です。

 

 

実際に購入すると古いモデルのタイヤだったということはよくあることです。

とりあえず「〇本限り!」なんていうタイヤが
大手カー用品店の入り口にタイヤを並べていたら
それは、明らかに在庫処分品だといえます。

 

ただ、夏用タイヤは返品が可能なので冬になると
大量に夏用タイヤを返品してくる業者もいるようです。

こういう業者は、倉庫としては大迷惑だと知り合いは言ってました。

 

そういうことを考えると
在庫は全て販売する義務はないといえますね。

それでも安く販売するというのは
その大手カー用品店の策略なのかもしれません。

 

ちなみに、某大手カー用品店「〇ート〇ックス」は
グループに分かれているため同じカー用品店でも
グループが違えばタイヤの値段も違うらしいです。

これは、某大手カー用品店の店員に聞きました。

 

タイヤの製造年月日の見方

タイヤを購入するうえで製造年月日の見方も
知っておいたほうが良いかもしれません。

基本的にタイヤの製造年月日は
タイヤの横の面に記載しています。

 

ちなみに、タイヤの横の面を「サイドウォール」と言います。

どのタイヤでも同じですがサイドウォールに記載している
製造番号は下4桁の数字は製造年月日週を示しています。

 

たとえば、「31 15」と表示していたら最初の2桁は週(31週)を表し
最後の2桁の「15」は2015年に製造したということになります。

タイヤのサイドウォールに表示していることは
安全に運転をするうえで最も重要なものとなります。

なので、タイヤを購入をするという場合は
この辺も注意して選ぶようにしましょう。

 

タイヤ交換のついでにインチダウンをする人もいます。

ですが、インチダウンをすると色んなトラブルが起きますが
そのトラブルとはどういうものかを
こちらのページで詳しく解説をしているのでよね。

↓↓     ↓↓

タイヤをインチダウンすることに意味があるのか検証

下取りは必ず一括査定サイトを使ったほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あるからです。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

 

お申込みはこちら公式サイトへ

最初のコメントをしよう

任意

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)